News Hot Line

日本テレロジック,構成管理ツールと変更管理ツールの新バージョンを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本テレロジック(株)は,2007年7月19日,タスクベースの構成管理ツールの最新版「Telelogic Synergy 6.5a」,および同ソフトとも統合して運用が可能な変更管理ツールの最新バージョン「Telelogic Change 4.7」を発表した。いずれも7月20日に発売開始されている。

Synergy 6.5aでは,アジア圏のユニコード文字をサポートしたことで,日本語や中国語およびその他の言語でも使用可能なインタフェースを備えており,オフショアによる開発などでも有効なツールとなる。

Change 4.7では,オランダのPhilips Applied Technologies社との共同開発による「Enterprise Change Process」パッケージを標準サポートされた。これはもともと同社内向けパッケージとして開発されたものをベースにしており,新機能ではあるがすでに実績のあるものとなっている。また,Synergyや要件管理ツールである「Telelogic DOORS」ともシームレスに統合し,チーム開発における多数の変更要求や提案事項に対して,優先順位をつけることが可能で,CMMIなどのプロセス改善ガイドラインやISO 9000などの品質基準もサポートする。価格はSynergyとChangeをセットにしたミニマムライセンスが80万円から。

日本テレロジック
http://www.telelogic.co.jp/

コメント

コメントの記入