News Hot Line

京都マイクロ,Windows CE対応のデバッガおよび開発環境を出荷開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

京都マイクロコンピュータ(株)は2007年8月8日,同社のJTAG-ICE「PARTNER-Jet」にWindows CEを解析してデバッグする機能や,Windows CEのデバッグを実現する「Windows CEデバッグオプション」の出荷を開始したと発表した。ICEを用いたデバックが可能になることで,Windows CE開発者は,Platform BuilderやVisual Studioを使用することなく,カーネルやドライバ,そしてアプリケーションのデバッグが可能となるほか,従来はデバッグが難しかった専用ブートローダebootのソースコードデバッグや,割り込み周り,デバイスドライバ開発およびOSでハングアップしたときなど複雑でクリティカルな問題の解析およびデバッグが可能となる。

すでにPARTNER-Jetを利用しているユーザであれば,本オプションの購入のみでWindows CE向けのCPUレベルからアプリケーションレベルまでの本格評価が可能となる。価格は各CPUともに10.5万円(税込)で,PARTNER-Jet1台につき1つ必要となる。また,PARTNER-Jetの年間保守契約を結んでいない場合は,それも別途必要となる(52,500円/年)。なお,プラットフォームは,ARM,MIPS,SH CPUのWindows CEに対応,またWindows CE 5.0とWindows Embedded CE 6.0のデバッグに対応している。

京都マイクロコンピュータ
http://www.kmckk.co.jp/

コメント

コメントの記入