News Hot Line

ADaCと豊通エレ,車載部品の第三者認証を行う試験団体「VeLIO」を設立

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)(株)豊通エレクトロニクスは2007年9月4日,車載ECU(Electronic Control Unit)およびCANやLINなどの車載ネットワークプロトコルなどの検査仕様書の作成,相互通信保証の検査および規格適合試験(コンフォーマンステスト)に関するサービスを提供する有限責任事業組合VeLIO(ベリオ)の設立を発表した(出資比率はADacが51%,豊通エレクトロニクスが49%)。設立の背景には,自動車1台当たりに搭載されるECUの数の増加に伴い,自動車メーカー,半導体メーカ,ECUメーカ,ともにテストの負担が増しているほか,各社が独自に規格の適合性を試験するため,メーカー間で判定に微妙な差異が生じてしまう問題があった。第三者認証機関が介在することで,このような判定のばらつきをなくし,さらには二度手間三度手間となるテストの負担を軽減したい狙いがある。なお,CANとLINに関しては,自動車メーカーから認証を受けてすでに相互接続性確保に向けた規格適合試験サービスを提供開始しており,当面はこちらが中心となる。FlexRayなどについては,現状では提供開始していないが,将来的には開始する予定としている。

VeLIO
http://www.velio.co.jp/

コメント

コメントの記入