News Hot Line

バッテリーを必要としないセンサおよびコントローラ向けの無線通信技術を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グリーンピーク・テクノロジー社(本社:オランダ トレヒト州ユトレヒト)は2007年10月2日,電力線やバッテリーなしで作動する画期的な超低消費電力無線センサおよびコントローラネットワークの新製品群を発表した。大きな特徴として,①消費電力を劇的に減少させる,高効率なパワーマネジメントモードを備えた超低消費電力無線トランシーバとセンサインタフェース設計,②太陽/電磁/ピエゾ電気(piezo-electric)トランスデューサなどにより供給される電力を利用可能にする環境発電(energy harvesting)インタフェース,③電源や配線を気にすることなく,広範囲なセンサネットワークの構築を可能にするメッシュ技術が取り入れられている。特に,メッシュネットワーク技術では,セルフヒーリング(self healing),セルフフォーミング(self forming)機能を備えており,低コストかつ容易なインストールを実現する。価格は,Limeモジュール(CM-08),購入数量10万個の場合で21米ドルから。

LimeモジュールCM-08

LimeモジュールCM-08

グリーンピーク・テクノロジー
http://www.greenpeak.com/

コメント

コメントの記入