News Hot Line

日立,Javaアプリケーション開発環境「MyEclipse」の日本語版と技術サポートの提供を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)日立製作所は,「MyEclipse」の日本語版,および日本語版の導入・活用などに関する技術サポートの日本市場での提供を4月27日より開始する。

4/27,「サブスクリプション&技術サポートのためのサイト」オープン!

日本語MyEclipse
https://www.myeclipseide.jp/

(5月8日追記)

「MyEclipse」は米国Genuitec社が提供するJavaアプリケーション開発環境。Eclipseでアプリケーション開発を行う際に使用する「J2EE開発ツール」「UML設計ツール」などの主要なプラグインをまとめたオールインワンパッケージの一つで,全世界で40万人近いユーザ数を誇る。日立製作所は「現在Eclipceは開発を支援する豊富な各種プラグインにより市場に急速に浸透している状況だが,それらのプラグインの選択や最適な組み合わせをいちいち開発者が選択しなければならないことや,Eclipseの日本語のドキュメントが少ない点で,導入にノウハウが必要な状況」であり,今回のオールインワンパッケージである「My Eclipse」の製品マニュアルの日本語版提供につながったとした。

またマニュアルの日本語版に加え,JavaServer FacesやHibernateなどの各種開発フレームワークを使用した詳細なチュートリアルやFAQなど,アプリケーションの信頼性向上ノウハウなどに関する技術資料も日本語で提供される。これらの日本語版は専用のポータルサイトから年間使用権の単位で提供され,その間は常に最新版の製品が使用できるようになっている。費用はMyEclipse Standardが3990円,MyEclipse Professionalが6825円(各税込)。ProfessionalではJavaScriptのデバッグやUMLによる開発が可能だ。

なお,ユーザ登録をすると,ポータルサイトで技術サポートが無償で受けられるようになっている。現在,Professional版と同等の機能が使用できる体験版(使用期限:90日間)が下記よりダウンロードできる。

日本語版「MyEclipse」体験版 ダウンロードサイト
http://www.myeclipseide.com/ContentExpress-display-ceid-104.html
日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

コメント

コメントの記入