News Hot Line

ASP型プロジェクト管理ツール「Backlog」に「Subversionによるバージョン管理」と「WebDAVによるファイル共有」機能を統合

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)ヌーラボは,ASP型プロジェクト管理ツールBacklog「Subversionによるバージョン管理」「WebDAVによるファイル共有」機能を統合し,2007年9月25日よりサービスの提供を開始した。

ソフトウェア開発やWebサイトの構築を効率的に行うためには,プロジェクトで使用する作業ファイルすべてをサーバ上で管理・共有し,変更履歴を記録できる「バージョン管理ツール」が必要。だが,セットアップやセキュリティの確保,ユーザ管理が面倒であるなどの問題がある。また,プロジェクト関係者間でのファイルのやりとりでは,大容量,大量のファイルを安全に共有できるしくみが求められる。

「Backlog」は2005年にサービスを開始した「タスク管理」「Wikiによる知識共有」がベースのプロジェクト管理ツールで,このBacklogに,「バージョン管理」と,CD-ROMイメージサイズでも共有できる「ファイル共有」機能を統合する。これからは,ソフトウェア開発会社だけでなく,Webデザイン会社やあらゆる業種のプロジェクトでも有用とのこと。

各プランの価格については下記Backlogのサイトを参照のこと。なお,ファイル容量の追加も可能(10Gバイト~50Gバイト)。

Backlogのファイルインデックス

Backlogのファイルインデックス

Backlogサイト
http://www.backlog.jp
ヌーラボ
http://www.nulab.co.jp

コメント

コメントの記入