前進し続けるRuby活用事例から大賞を選考!『Ruby biz Grand prix 2019』

[1]Ruby biz Grand prix 2019の概要

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ビジネスの領域でRubyを活用し,世界に向けてサービスを発信している企業や団体,個人を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」が,12月12日(木)に開催されます。表彰式に先駆けて,今回の見所をご紹介していきます。

未来・新規性・継続的なビジネス発展をキーワードにグランプリを決定!

今年で5回目の開催となる「Ruby biz Grand prix 2019⁠⁠。プログラミング言語の「Ruby」を活用した商品やサービス,ビジネスを展開する個人や企業を表彰する目的で開催されるイベントです。

今年は「未来・新規性・継続的なビジネス発展」というキーワードで,Ruby開発者のまつもとゆきひろ氏が委員長を務める審査委員会が選考。大賞(副賞100万円)と審査員特別賞(副賞30万円)を決定します。

まつもとゆきひろ氏は「Rubyやそれをとりまくテクノロジがもたらすプログラマーが楽しいと思える開発が,生産性の高さやビジネスの柔軟性につながり,ひいてはビジネス上の競争力につながっていることがコミュニティ外には知られていません。Ruby bizグランプリを通じて,このパワーが広く知られIT産業全体の振興につながることを期待します」とコメントし,⁠Ruby biz Grand prix 2019」への期待を寄せています。

審査委員は,⁠株)オープンソース活用研究所 代表取締役所長である寺田雄一氏,Rubyアソシエーション評議員 楽天⁠株⁠執行役員 森正弥氏,⁠株)日経BP 技術メディア局 局長補佐の中村建助氏,Rubyアソシエーション理事 クックパッド⁠株⁠の笹田耕一氏が務めます。

すでに今年の応募は締め切られていますが,応募資料の中から書類審査を経て5点程度を選考し,各受賞企業を決定。12月12日(木)に帝国ホテル(東京都)で表彰式が行われます。毎年イノベーティブな作品が選ばれている注目のグランプリですが,今年はいったいどんな作品が選ばれるのか,期待が高まります。

審査委員長 まつもとゆきひろ氏

審査委員長 まつもとゆきひろ氏

AI・RPAなど注目技術が目白押し 多数の事例が今年も集結!

Ruby biz Grand prix 2019にエントリーしたすべての企業を一挙にご紹介します。

株式会社IDCフロンティア

IDCFクラウド CDN(コンテンツキャッシュ)
シンプル・パワフルなコンテンツ配信サービス

画像

シンプルで使いやすいユーザーインタフェースとパワフルな性能にこだわったIDCF クラウドは,コンピューティングやストレージなど豊富なサービスラインアップを揃えます。強力な連携プロダクトのひとつ,IDCF クラウドCDN(コンテンツキャッシュ)は,Fastly を基盤として採用し,高速なキャッシュクリアとリアルタイムログストリーミングに優れた次世代のコンテンツ配信サービスです。

株式会社アクセルラボ

SpaceCore(スペースコア)
そのスペースに,武器を

画像

「SpaceCore」は,不動産の管理業務をサポートする「ReTech機能⁠⁠,スマートホームを実現する「IoT機能⁠⁠,物件入居者にさまざまなサービスを提供する「Marketing機能」の3つの機能を一元化したスマートライフプラットフォームです。ReTech×IoT×Marketingのシナジーを活かし,居住者への新しい価値提供と不動産会社への新たな収益源の創出を実現します。

アグリホールディングス株式会社

WASHOKU Treasure(ワショクトレジャー)
国内食品生産者と海外の食関連事業者(レストランシェフ,バイヤー,ディストリビューターなど)をつなぐ,オンライン見本市+越境ECサイト

画像

WASHOKU Treasureは日本産食材を専門に取り扱い,国内食品生産者と海外の食関連事業者(レストランシェフ,バイヤー,ディストリビューターなど)をつなぐ,オンライン見本市+越境ECサイトです。海外事業者の「知りたい」⁠試したい」に応えるとともに,輸出における課題解決をサポートし,国内食品生産者に新たな輸出機会を創出します。海外販路拡大を円滑化するための越境BtoBマッチングプラットフォームです。

株式会社アジャイルウェア

議事録Webサービス「GIJI(ギジ)」
議事録のWeb化で会議の無駄を省く"リアルタイム議事録共有サービス「GIJI」"。2019年秋から音声認識機能も追加!

画像

「GIJI」は議事録のWeb化により会議のムダを省きます。議事録作成/共有/管理の面で非常に優れており,議事録に特化した画面で直感的に操作ができ,誰が書いても簡単にクオリティの高い議事録を残すことが可能です。さらに,新たに登場する「音声認識機能」によって議事録作成を全面サポート。会議終了と同時に議事録が完成し,承認までWebで完結。議事録をクラウド上で一元管理できます。

株式会社アトトック

atotok(アトトック)
なりたい自分になる,なりたい自分を探す。夢を叶えよう,気分を記録しよう

画像

atotokは理想の姿を明確に描き,あなたの「夢」を叶えるお手伝いをします。10Yearsで理想の姿を描き,NikoNikoLogで描いた夢を叶えるまでの気分の変化を残しておきましょう。なりたい自分を探すため,夢を叶えるためのヒントを集めたさまざまなコンテンツも展開しています。

株式会社インゲージ

Re:lation(リレーション)
チームでコミュニケーションをひとつに

画像

インゲージは,メール・電話・SNSなどの問い合わせを一元管理し,チームで共有できるコミュニケーションクラウド「Re:lation」を提供する大阪のスタートアップSaaS企業です。メールをはじめとした問い合わせ業務の効率化・対応品質の向上などの効果が非常に高い点が評価され,EC事業者・コールセンターなどの業界・業種を中心にリリース5年で,約2,000社の導入実績があります。

株式会社ookami

Player!(プレイヤー)
スポーツアプリの決定版!スタジアム,テレビに続く第三の観戦ポータルへ

画像

スポーツが持つワクワクをもっと身近に,人々の日常に感動を。Player! はスポーツの「リアル」を体験できるスマートフォンアプリです。Player! があれば,感動のあの「一瞬」を見逃すことなく,ライブの熱狂を語り合いながら,スポーツをもっと身近に楽しむことができます。あなたの興味にあったニュースやスケジュールもまとめてチェックできます。スタジアム,テレビに次ぐ,第三の観戦ポータルを提供します。