Python公式ドキュメント(2.5版)が日本語化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Pythonドキュメント翻訳プロジェクトは,Pythonの公式ドキュメントのバージョン2.5対応を完了しました。

公式ドキュメントには,言語仕様を記した「リファレンスマニュアル」,Pythonの開発者であるGuido van Rossum自身の手による 「Pyhonチュートリアル」,Pythonの充実したライブラリ群について解説された「ライブラリリファレンス」など,Pythonユーザ必須の文書群が収録されています。

日本語化したPython公式ドキュメントは日本Pythonユーザ会(PyJUG)のWebサイト上で,Python自身と同じPython Software Foundation(PSF)のライセンスの下に公開されます。Pythonドキュメント翻訳プロジェクトは,今後もPython 2.6対応など,関連ドキュメントの日本語化を進めて行く予定です。

同時にプロジェクトへ参加してくださる方も募集しています。お気付きの点を報告していただくだけでもかまいません。皆さんのお力をお借しください。

日本Pythonユーザ会(PyJUG)
URLhttp://www.python.jp/Zope/

バックナンバー

2008年

  • Python公式ドキュメント(2.5版)が日本語化

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入