インフォメーション

Seasar Conference 2009 Autumn,9月12日開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

9月12日に,JavaフレームワークSeasar2などのオープンソースソフトウェアを 開発するNPO法人Seasarファウンデーションのイベント,Seasar Conference 2009 Autumnが行われる。 ひがやすを氏横田健彦氏米林正明氏,大谷晋平氏など,Seasarプロジェクトをはじめとして,Slim3プロジェクトT2プロジェクトの合計17セッションの大型カンファレンスとなっている。

今回のメインホールは,「Adobe Flex」周りのフレームワークである「yui-frameworks」「S2Flex2」というオープンソースソフトウェアのセッションと,前回好評だった「Seasar事例発表」を行う。

日時2009年9月12日(土)12:30~17:45(12:00開場)
会場法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎3Fアクセスマップへ
主催特定非営利活動法人Seasarファウンデーション
後援法政大学情報科学部
参加費用無料

主なみどころ

主なセッションの内容は以下のとおり。

Slim3入門(ひがやすを)

Slim3はSimple and Less Is MoreをコンセプトにしたGoogle App Engineに最適化されたフレームワーク。TDDのデモを通じてSlim3を感じてほしい。

S2Flex2とyui-frameworksを使ったRIAエンタープライズ開発のイロハ(舩倉純/有川榮一)

Adobe Flex用のFrameworkとして開発中であるyui-frameworksについて,現在の開発状況とその機能についてお伝えする。また,yui-frameworksを適用したエンタープライズでのRIA開発についても紹介。

T2のいま・そしてこれから(大谷晋平)

0.6がリリースされて,いよいよプロダクションレベルに近づいてきたT2。このセッションでは,T2のいま何ができるか,今後どうなっていくかをざっくりと語る。また,いま一度大きく変わる時期に来ているWebの世界について,この大きな変動とその予測も交えてお伝えする。

S2Robotで泳ぎませんか?(菅谷信介)

前半でクローラフレームワーク「S2Robot」,後半でJavaフレンドリーな全文検索システム「Fess」を紹介する。S2RobotはWebやファイルシステム上のファイル群から指定したデータを簡単に抽出することができソフトウェア。Fessは約2億ドキュメントも対応可能と言われるSolr,MobyletとS2Robotを組み合わせた,携帯にも対応している全文検索システム。

mobyletのケータイサイト30分クッキング(竹内真)

Google App Engine上でmobylet+T2を使ってわずか30分で簡単なケータイサイトをその場で開発するというもの。安い!早い!美味い!?―mobyletを使った出来立てのケータイサイトを是非その場で体感してほしい。

SQL脳からBigtable脳へ(ひがやすを)

RDBMSとかなりつくりが異なるBigtableに戸惑っている人を対象に,RDBMS脳からBitable脳へ思考パターンを変える方法を伝授する。また,SQLで書いていた処理をBigtable&JDOでどのように実装するのかもお伝えする。

興味のある方は,ぜひ参加してほしい。

Seasarファウンデーション
URLhttp://www.seasarfoundation.org/

コメント

コメントの記入