インフォメーション

公開討論会“だれもが使えるウェブサイト”,10月7日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

10月7日,みんなの声で選ぼう! だれもが使えるウェブコンクール実行委員会およびNPO法人 ハーモニー・アイ主催の討論会,⁠公開討論会⁠だれもが使えるウェブサイト⁠- 企業サイトのアクセシビリティでビジネスチャンスをつかむ -」が開催される。これは, みんなの声で選ぼう!だれもが使えるウェブコンクールに先駆けて行われるもの。

この討論会では,

  • シニアや障がい者,パソコンに詳しくない一般の人々がどのようにWebを利用し,どのようなウェブを望んでいるのか
  • 使いやすさへの配慮がビジネスチャンスにつながるとはどういうことか
  • 企業Webサイトのアクセシビリティで、直接的なビジネス効果を出すためにはどのように取り組めばいいか

をテーマにしたもので,共催企業である毎日新聞社ユニバーサロン編集長岩下氏をモデレータに,4名のパネリストによるメンバー構成となっている。今回,技術評論社クロスメディア事業部/gihyo.jpの馮富久もパネリストの1人として参加する。

登壇者

モデレーター岩下 恭士氏 (株式会社毎日新聞社 デジタルメディア局 ユニバーサロン編集長)
パネリスト馮 富久(株式会社技術評論社 クロスメディア事業部部長代理)
安田 英久氏(株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長)
曽根 清次 氏(社団法人長寿社会文化協会(WAC) 関東ネットワークセンター 事業推進部長)
山田 淳司 氏(株式会社DNP映像センター 制作本部 コンテンツ制作室 撮影・編集チーム UD推進チーム シニアエキスパート)
日時2009年10月7日(水) 19:00~20:30
⁠公開討論会後,会場にて軽い交流会を予定)
場所毎日新聞社 東京本社 4階フリースペース
⁠東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 4階)
地下鉄 東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 直結
参加費無料(交流会参加の方は1,000円)
定員50名(申し込み多数の場合抽選)

申し込みは こちらから。

コメント

コメントの記入