インフォメーション

movatwitterとアクセシビリティセミナー 2月24日開催,だれもが使えるウェブコンクールの中間発表も同時開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

みんなの声で選ぼう!だれもが使えるウェブコンクール実行委員会およびNPO法人ハーモニー・アイ主催,毎日新聞社後援のイベント「ケータイ向けTwitterサービス『モバツイッター』とアクセシビリティ」セミナー&だれもが使えるウェブコンクール中間発表が,2月20日開催される。

本イベントは,だれもが使えるウェブコンクールの一環として行われるもので,今回は「携帯電話」という観点から見たアクセシビリティがテーマとなっている。関連イベントとして,昨年10月には公開討論会⁠だれもが使えるウェブサイト⁠が行われている。

モバツイのアクセシビリティへの取り組み

基調講演には,日本最大数のユーザを誇る携帯電話向けTwitterクライアント「movatwitter(モバツイッター,通称モバツイ)⁠の開発者である株式会社想創社 代表取締役 エンジニア/プロデューサーの藤川真一氏が登壇し,⁠モバツイッターのアクセシビリティへの取り組み」と題して講演を行う。

また,第3部には,毎日新聞社 デジタルメディア局 ユニバーサロン編集長 岩下恭士氏,NPO法人 View-NET神奈川理事・ハーモニーアイ会員 柴崎裕也氏,社会福祉法人東京ヘレン・ケラー協会点字ジャーナル・デスク 戸塚辰永氏の3名によるトークセッション『視覚障害者のケータイ活用』が用意されている。

だれもが使えるウェブコンクール中間審査報告

また,第二部では,⁠だれもが使えるウェブコンクール」審査中間報告として,だれもが使えるウェブコンクール審査委員長 野田純生氏(アルファサード有限会社 代表取締役社長)から,途中経過の報告が行われる。

詳細および申し込みについては下表を参照。

日時2010年2月24日(水)19:00~21:00
場所毎日新聞社 東京本社 4階フリースペース
⁠東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 4階)
地下鉄 東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 直結
参加費無料
定員60名(定員になり次第締切)
URLhttp://daremoga.jp/ceremony/event-0224.html

コメント

コメントの記入