インフォメーション

バルテス「第4回 ソフトウェア品質向上セミナー」,7月6日に開催―京都大学 長谷川真人教授が特別講演

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010年7月6日(火)に新宿NSビル スカイカンファレンスでバルテス株式会社による「第4回 ソフトウェア品質向上セミナー開催」が開催されます。京都大学数理解析研究所の長谷川真人教授が「プログラム意味論から見たソフトウェアテストの可能性」と題した特別講演を行います。

特別講演に続いて,ソフトウェアテスト技法についてのセッション,ソフトウェアテスト効率化戦略についてのセッションが行われます。講師は技評SE新書『いちばんやさしいソフトウェアテストの本』を執筆した石原一宏氏です。ソフトウェアの品質づくりの最新事情を知りたい方々にお勧めです。石原氏の講演の後には参加型のトークセッションが予定されており,バルテス技術者の皆さんとの情報交換を行うことができます。

なお,同セミナーの参加費は無料です。同様のセミナーが名古屋,大阪,岡山で予定されていますので,ふるってご参加ください(長谷川教授の特別講演は東京会場のみ)⁠スケジュールは次の通りです。

会場開催日開場開催時間定員
東京会場
(新宿NSビルスカイカンファレンス)
2010年7月6日(火)13:3014:00-20:30100名
名古屋会場
(ウインクあいち)
2010年7月22日(木)13:3014:00-19:0030名
大阪会場
(つるやホール)
2010年7月27日(火)13:3014:00-19:0030名
岡山会場
(岡山商工会議所)
2010年8月24日(火)13:3014:00-17:0030名
セミナーの詳細と申し込み先
URL:https://www.valtes.co.jp/inquiry/sp_seminar.html

コメント

コメントの記入