インフォメーション

9月27日~29日開催「LinuxCon Japan/Tokyo 2010」プログラム発表─早期登録割引は7月15日まで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Linux Foundation(LF)は,9月27日(月)~29日(水)の3日間,東京 六本木アカデミーヒルズにて開催するLinux/OSSの国際技術カンファレンス「LinuxCon Japan/ Tokyo 2010」のプログラムを発表した。

「LinuxCon Japan」は日本,アジア諸国をはじめ世界中からLinux/OSS開発を牽引するリーダーやトップクラスのエンジニア,業界エキスパートなどが集まり,講演や議論を通じてLinux/OSSの発展を促進することを目的としたイベント。

2009年10月,アジア地域初の大規模な国際技術カンファレンス「Japan Linux Symposium」を開催,1,500名余の来場者を集め大成功を収めた。これを受けて,LFでは毎年北米で開催している「LinuxCon」のアジア版としてこれを位置づけ,本年2010年より「LinuxCon Japan」の名称で展開することとなった。

プログラムの中核となるのは,世界中から公募し厳正な審査を経た各種の技術発表。開発者,エンドユーザ企業,学生など,Linuxに興味を持つ誰もが参加でき,開発コミュニティのリーダー達と直接議論する機会を持つことができる。セッションは会期3日間で約60セッションが予定されている。

中でも注目されるスピーカー/プログラムは以下のとおり。

基調講演

IBM オープンシステム開発担当バイスプレジデント Dan Frye氏

Dan Frye氏は,IBMにおけるLinux/OSS事業を立ち上げ,エンタープライズ分野での利用に先鞭をつけ,今日に至るまで成長させた立役者。しかし,最初からLinux/OSSとうまく付き合うことができたわけではないという。IBMとFrye氏自身が体験を通して学んだ「Linux/OSSをビジネスで活用する意義・価値・手法」などを披露する予定。

Google オープンソースプログラムマネージャ Chris DiBona氏

Android,クラウドコンピューティングなどの事業を通してオープンソースの一大ユーザでありコントリビュータでもあるGoogleのオープンソースに対する考え方や取り組みについて講演する。

Novellフェロー Greg Kroah-Hartman氏

Stable BranchのメンテナとしてLinuxカーネルコミュニティにおける開発をリードする立場から,カーネルコミュニティの現状,課題,今後などに関する講演を行う。

カーネルメンテナ特別講演

Linuxカーネルコミュニティを牽引するコア開発者が多数来日し登壇予定。

  • James Bottomley氏(SCSI Subsystemメンテナ,Novell)

  • Jon Corbet氏(LWN.net)

  • Christoph Hellwig氏(Storage Virtualization)

  • Chris Mason氏(Btrfsメンテナ,Oracle)

  • Chris Wright氏(KVMメンテナ,Red Hat)

など。

技術発表

「仮想化/ネットワーク」「Trace」技術

クラウドコンピューティング時代のキーテクノロジである「仮想化」と,証券取引所などの大規模システムにおける信頼性確保に極めて重要な技術である「Trace」技術。これらのキーテクノロジの発展を牽引するコア開発者の間で,重要な議論・決定が行われることが期待されている。

組込みLinux

AndroidやMeeGoなどの登場により注目を集める組込みLinuxの,日本における情報家電やモバイルの分野での活用について活発な議論が行われる予定。

PostgreSQL,OSSエコシステム

日本でも多くの企業が活用しているOSS DBMSであるPostgreSQLの開発コミュニティのリーダーJosh Burkes氏が講演を予定しており,PostgreSQLコミュニティでの今後の開発の方向性に関する議論が行われる。Linux/OSSのビジネスシーンにおいて関心が高まっているコンプライアンスや人材育成についても,セッションが設けられている。

「LinuxCon Japan/ Tokyo 2010」開催概要

日程2010年9月27日(月)~29日(水)
場所六本木アカデミーヒルズ
来場者数約500名(予定)
参加費300USドル
7月15日まで早期登録割引として200USドルにて登録が可能。学生は75USドルにて登録可能。
The Linux Foundation個人会員(年会費99USドル)は210USドルで参加可能。
申し込みLinux FoundationのWebサイトから
LinuxCon Japan/ Tokyo 2010
URL:http://events.linuxfoundation.jp/events/linuxcon-japan
The Linux Foundation
URL:http://www.linuxfoundation.jp/

バックナンバー

2010年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入