インフォメーション

「CASEフェスタ2010-ソフトウェアエンジニアの集い-」11月12日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠東陽テクニカは『CASEフェスタ2010-ソフトウェアエンジニアの集い-「XDDPと構成管理で派生開発現場の危機的状況を救え!」』を11月12日に開催する。

近年,高度情報化社会の進展に伴い,開発するソフトウェアは大規模,複雑になる一方,経済情勢の悪化に伴い,開発コストを削減するために,開発期間の短縮が求められている。このような背景のもと,最近のソフトウェア開発では,既存資産の再利用がより重要になり,既存のソースコードに対する変更や機能追加を行う「派生開発」が増えている。

“XDDP(eXtreme Derivative Development Process)⁠は「派生開発」に特化した開発アプローチで,「短納期」や「部分理解」といった派生開発特有の問題に対して,合理的に対応する方法を提供するもの。今回のCASEフェスタでは,XDDPの概要,導入の効果(事例発表)⁠XDDP実装における構成管理ツールの活用法の3点を取り上げる。

開催概要は以下の通り。

開催日時11月12日(金)13:30~17:00
開催場所⁠株⁠東陽テクニカ 本社 8階大会議室
定員100名
参加費無料(要事前登録
プログラム 派生開発プロセス「XDDP」概要
⁠株⁠エクスモーション 斎藤 賢一氏
XDDPで現場を変える!~プロセス改善事例のご紹介~
⁠株⁠デンソー技研センター 古畑 慶次氏
XDDP実現のための「構成管理ツールPERFORCE」活用法
⁠株⁠東陽テクニカ 岡野 喜久男氏
「XDDPと構成管理で派生開発現場の危機的状況を救え!」セミナー
URL:http://www.toyo.co.jp/ss/casefesta2010.html
⁠株⁠東陽テクニカ
URL:http://www.toyo.co.jp/

コメント

コメントの記入