インフォメーション

LinuxCon Japan 2011,今年は6月1日~3日パシフィコ横浜で開催,発表者の募集を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Linux Foundation(LF)は,アジア最大のLinux/OSS技術カンファレンス「LinuxCon Japan 2011」を,2011年6月1日(水)~3日(金)にパシフィコ横浜にて開催する。

「LinuxCon Japan」は,北米で毎年開催している「LinuxCon」のアジア版で,今年が第3回となる。日本,アジア諸国をはじめ世界中からLinuxコミュニティのトップクラスのエンジニアやエキスパートが集結し,Linuxコミュニティのコラボレーションと発展を促進することが目的で,Linuxに興味を持つ誰もが参加できる。

開催概要は以下の通り。

日程2011年6月1日(水)~3日(金)
場所パシフィコ横浜
内容基調講演,カーネルメンテナの特別講演,技術発表,テクニカルチュートリアル,BOF(分科会)⁠ミニサミットなどを予定(プログラム詳細は順次Webサイトにて公開される)
来場者約500名(予定)
参加費2/20までの登録者:100USドル
2/21~4/20までの登録者:150USドル
4/21~の登録者:200USドル
学生:75USドル
申し込みLFのサイトから登録のこと

LinuxCon Japanのプログラムは世界中から公募した技術発表が中心となる。LinuxCon Japan 2011の開催にあたり,LFはこの技術発表の申し込み受付を開始した。LFのメンバーに留まらず,Linux/OSSに重要な影響力を持つ各分野のリーダーに広く応募を呼び掛けていくという。とくに,日本およびアジア太平洋地域の技術者の積極的な応募に期待しており,LFでは英語が応募のボトルネックにならないよう,英語を母国語としないメンバーへのサポートも提供する。

発表者募集の日程は以下の通り。

募集期間2011年1月11日~3月11日(米国太平洋夏時間)
審査結果通知2011年4月1日
講演者発表2011年4月5日

応募者は,発表のタイプを選択し,略歴と発表予定内容の要約/発表の対象者を英文150Wで提出する。詳細は下記Webサイトを参照(要レジストレーション)⁠

Call For Participation
URL:http://events.linuxfoundation.jp/cfp
LinuxCon Japan 2011
URL:http://events.linuxfoundation.jp/events/linuxcon-japan

コメント

コメントの記入