インフォメーション

オープンフォーラム「The Power of Collaboration in Crisis(災害時におけるコラボレーションの力)」5月31日,横浜で開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Linux Foundation(LF)は5月31日(火)⁠災害時におけるオープンコラボレーションの可能性を探るオープンフォーラム「The Power of Collaboration in Crisis」を,横浜市と財団法人横浜観光コンベンション・ビューローの後援により,パシフィコ横浜にて開催する。翌日には同じ場所で「LinuxCon Japan 2011」⁠6月1日~3日)が開催となり,世界中からLinux開発者が集結する中でのフォーラムとなる。

先日発生した東日本大震災では,Googleの「Person Finder」やOSM(Open Street Map)ファウンデーションによる「Crisis Mapping Project」⁠Yahooの地震速報サービスなど,ITインフラを活用したさまざまな被災者支援サービスが利用された。これらのサービスでは,LinuxをはじめとするOSS(オープンソースソフトウェア)が活用されている。

たとえば,被害状況や避難所,安否情報やボランティア募集,雇用情報などの情報を集約して地図上に表示しているSinsai.infoでは,ハイチ地震やニュージーランド地震の際にも利用実績のある災害情報システムOSS「Ushahidi (ウシャヒディ)」を使用したことで地震発生当日の4時間足らずで開設され,地図作成プロジェクト「Open StreetMap」のメンバーをはじめとする多くのボランティアが集まり,開発や情報整理に当たることができた。今回の震災に際して,OSSやコミュニティによるコラボレーションがいかに大きな力を持つかが実証されたといえる。

今回の「オープンフォーラム」では,⁠Hack for Japan」⁠⁠Open Street Map」⁠⁠Ushahidi」など実績あるプロジェクトのリーダーを招き,各プロジェクトの成果,その基盤にあるOSSの役割やメリット,プロジェクトの課題などを共有することで,より多くの開発者が被災者支援や復興支援のオープンなプロジェクトに参加できる機会を提供する。また,新たな災害時も含めて,今後のプロジェクトにどのように取り組むべきかについて,参加者全員でディスカッションを行う。

登壇者は,Patrick Meier氏(Director of Crisis Mapping & Partnership, Ushahidi)⁠三浦広志氏(OSMファウンデーションジャパン代表理事)⁠山崎富美氏(Hack For Japan)など。

開催概要は以下のとおり。

日時5月31日(火)13:30~18:00
場所パシフィコ横浜 会議センター
主催The Linux Foundation
後援横浜市,財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー
参加者約100名(予定)
参加費無料
申し込みLFの「The Power of Collaboration in Crisis」サイトから
LinuxCon Japan 2011|オープンフォーラム
URL:http://events.linuxfoundation.jp/events/linuxcon-japan/open-forum
The Linux Foundation
http://www.linuxfoundation.jp/

コメント

コメントの記入