インフォメーション

第27回WebSig会議「来るべきスマホ時代のコミュニケーションデザイン~技術とコミュニケーションデザインの両側面から」,6月4日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Webサイトに関連するマーケットの健全な発展を促し,人々の生活を豊かにすることを目的とした任意団体「WebSig24/7」は2011年6月4日,第27回WebSig会議「来るべきスマホ時代のコミュニケーションデザイン~技術とコミュニケーションデザインの両側面から」を開催する。

テーマは「スマートフォン」⁠最新端末のリリースラッシュなど,ますます普及に加速がかかるスマートフォンに対して,Web屋たちはどう向きあっていくべきなのか,作り手の視点・使い手の視点,両方からのアプローチによるプログラムが用意されている。

前半部では,スマートフォンアプリ・スマートフォン対応サイトの企画・制作・開発に関わるスピーカーによる最新事情を,後半は参加者全員によるグループワークを実施。

タイムテーブル(予定)

13:00~13:10オープニング
13:10~13:50セッション1:
Web屋が知っておきたいスマートフォンの現在(いま)
⁠株⁠サイズ 代表取締役 糟谷 博陸
13:55~14:35セッション2:
Web制作からアプリ開発へのシフトを大公開!
スマホアプリ開発最前線~ジェネシックス
⁠株⁠ジェネシックス 開発部チーフエンジニア 上杉 隆史
14:35~14:45休憩
14:45~15:25セッション3:
mixiにおけるスマートフォン戦略
~スマートフォンで進化するソーシャルコミュニケーション
⁠株⁠ミクシィ メディア/UX統括部 企画グループ
ソーシャルクライアント企画チーム リーダー 大崎 敦士
15:25~15:50休憩
15:50~17:20グループワーク:
スマホを使った拡張について考える
17:20~17:30クロージング

これからますますスマートフォン時代になる中,開発者・クリエイターとしてどうあるべきかを考えている人はぜひ参加してもらいたい。

タイトル第27回WebSig会議
 来るべきスマホ時代のコミュニケーションデザイン
 ~技術とコミュニケーションデザインの両側面から
公式サイトhttp://websig247.jp/meeting/27/000213.html
日時6月4日(土)13:00~18:00(12:30受付開始予定)
会場ミクシィセミナールーム(JR渋谷駅徒歩8分)
定員80名
参加費3,000円
申し込みhttp://websig247.shop-pro.jp/?pid=31641548

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入