インフォメーション

Flashやデザイン手法のインスピレーションを与えてくれる豪華イベント「FITC Tokyo 2011」が12月3日,4日に開催!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今年で日本開催3回目となるFITC Tokyo 2011が12月3日(土),4日(日)に,HAL東京 コクーンタワーで開催される。

FITCは,Flashからモーションデザイン,FLEXからAIR,モバイル等々に限らず,知識,刺激,発想を与えてくれるユニークでエキサイティングなイベントである。

今年も次に挙げるように,魅力的なスピーカー陣によるプレゼンテーションで構成される(以下は講演者の一部)⁠

Mr.doob
カンヌ広告祭2011サイバー部門グランプリに輝いた "The Wilderness Downtown"を始め,クラウドソーシングを取り入れた "The Johnny Cash Project",WebGLを用いた"3 Dreams of Black"など,ウェブブラウザ上の表現で新たな境地を切り拓き続けている。
Golan Levin(ゴラン・レヴィン)
アーティスト/作曲家/デザイナー,そして技術者である彼はロボティクスやソフトウェア,認知科学といった現代的な道具を使って人を驚かせ,そして楽しませるアート作品を制作している。
Gmunk
氏の手がけた映画「トロン・レガシー」での美麗なディティールが凝縮された映像に魅せられたかたも多いはず。
Eugene Zatepyakin(ユージン・ザテピャキン)
ジェネレーティブアート,数学アルゴリズム,画像処理,3D関連など幅広い領域を扱う,モスクワ生まれの若干27歳のFlashデベロッパー。
Jakub Dvorsky(ヤクブ・ドボルスキー)
特有の世界観が魅力のゲームを多数発表しているチェコの制作スタジオAmanitaDesignの創設者。その世界観の構築プロセスから配信にかかわるすべてを披露する。

その他,日本からの講演者も豪華メンバーが勢ぞろいする。

インスピレーションやエネルギーが湧く,エキサイティングな2日間になるだろう。

FITC Tokyo 2011 開催概要

イベント名FITC Tokyo 2011http://www.fitc.ca/tokyo
日時2011年12月3日(土)4日(日)2日間開催
開催地HAL東京 コクーンタワー
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-7-3
受講料 早期割引 一般(2日間)10,500円 / 学生(2日間)8,400円
通常販売 一般(2日間)13,650円 / 学生(2日間)11,550円
⁠すべて税込)
主催FITC / 株式会社ゼオ
協賛アドビシステムズ株式会社 / 学校法人 モード学園
FITC Tokyo 2011
URLhttp://www.fitc.ca/tokyo

コメント

コメントの記入