インフォメーション

「Automotive Linux Summit 2011」11月28日にパシフィコ横浜で開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Linux Foundationは,Linux,OSSの自動車向けソリューションを中心としたイベント「Automotive Linux Summit」⁠ (ALS) を,11月28日にパシフィコ横浜にて開催する。

車載オンボードシステムから,車間および路車間通信向けのクラウドソリューションまで,自動車アプリケーションにLinux/OSSの使用を検討する企業,開発者を対象とし,今後の自動車アプリケーション,トラフィック,およびモビリティ管理ソリューションなどの課題への対処についての検討も行われる。

また,自動車業界向けの組込み,基盤システムや,Linux/OSS利用して製品開発を活性化しようとしている企業や開発者のために,ビジネス,技術,法務情報なども提供される。

基調講演として,以下の内容が予定されている。詳しいセッション内容についてはプログラムを参照のこと。

Graham Smethurst氏(GENIVI Alliance会長兼BMW インフォテインメントアーキテクチャデザイン責任者)
"The lessons learned from GENIVI(GENIVI から学んだこと)"
村田賢一氏(トヨタ自動車株式会社 第1電子開発部主査)
「IVIのためのオープンイノベーション ほか」
Juha-Matti Liukkonen氏(Simbio社デバイス製作部門CTO)
"How next generation IVI systems are built(次世代IVIシステムの構築)"
Greg Kroah-Hartman氏(Linuxカーネルメンテナ)
"The Linux Kernel Development Process(Linuxカーネル開発プロセス)"

参加費は75USドル。参加は「Automotive Linux Summit」の案内ページから。

Automotive Linux Summit 2011
URL:https://events.linuxfoundation.jp/events/automotive-linux-summit

コメント

コメントの記入