インフォメーション

JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール,「ActionScript 3.0 パフォーマンスチューニング―速い,軽い,うまいスクリプティングを目指す」を2月25日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2012年2月25日,社団法人日本グラフィックサービス工業会(JaGra)プロフェッショナルDTP&Webスクールは,ActionScriptのイベント「ActionScript 3.0 パフォーマンスチューニング―速い,軽い,うまいスクリプティングを目指す」を開催する。講師は,Flash関連書籍の執筆実績多数,当スクールのActionScript講座でもおなじみの野中文雄氏が担当。

2月10日に技術評論社より発売される著書ActionScript 3.0パフォーマンスチューニングから,一歩差がつくスクリプトのテクニックを解説する。 ActionScript 3.0の処理をいかに速く,あるいは軽くするかという技術やコツを紹介。

なお,今回のイベントの模様は,USTREAMでも配信の予定。

イベント開催概要

開催日2012年2月25日(土)
⁠基礎編]13:30~14:30(受付13:00~)
⁠応用編]15:00~16:30(受付14:30~)
⁠16:30終了)
会場社団法人日本グラフィックサービス工業会 セミナールーム
〒103-0001東京都中央区日本橋小伝馬町7-16 ニッケイビル8F
東京メトロ日比谷線小伝馬町駅2番出口より徒歩3分
参加費無料(事前登録制)
定員基礎編,応用編 各40名
講師野中文雄
主催社団法人日本グラフィックサービス工業会
JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール
内容[基礎編:60分]
基礎編は,スクリプトの基本を学んだばかりの初級者が対象です。単にどう書くと速いというのでなく,それがFlash Playerにとってどういう仕事になっているのかという理屈の説明をしていきます。
※なおこの内容は,2月4日土曜日開催のF-siteセミナーのdemo4ActionScriptでの最速を求めるに,少しだけ補足を加えたものになります。
[応用編:90分]
Flash Playerの内部的な処理を意識しながら,スクリプトの最適化を考えます。数学的な演算や,イベントの流れ,さらにはメモリの扱いなどのお題を採上げて,スクリプトを比べてみます。入門書では扱われない話題やFlash Player 11の新しいメソッドにも触れます。
対象者[基礎編]ActionScript 3.0の基本を学んだ方
⁠応用編]ActionScript 3.0の関数やイベントを使ったスクリプティングができ,クラスの基本を学んだ方
事前登録の方法専用フォームよりお申し込みください
JaGraプロフェッショナルDTP&Webスクール
http://www.jagra.or.jp/schoolblog/2010/11/actionscript-event.html

バックナンバー

2012年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入