インフォメーション

6/6~8開催「LinuxCon Japan 2012」基調講演者が決定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

The Linux Foundationは,6月6日(水)~8日(金)にパシフィコ横浜で開催される「LinuxCon Japan 2012」の注目プログラムと基調講演者を発表した。

今年は,ビジネスシーンにおけるLinuxの活用拡大や,クラウドサービスで利用できる携帯機器向けのOSとしてLinuxがシェアを伸ばしている事実。さらに自動車や社会インフラの制御システムなど,新たな分野への導入が見込まれることを背景に,産業界とコミュニティを橋渡しする場として期待されている。

今回発表となった主な基調講演者は以下の通り。

Jon Corbet氏LWN.netエディタ
Greg Kroah-Hartman氏The Linux Foundationフェロー,Stable Kernel TreeおよびLTSIのメンテナ
Brian Stevens氏Red Hat CTO兼 World Wideエンジニアリング担当副社長
Jim Zemlin氏The Linux Foundation エグゼクティブ・ディレクタ

また,基調講演メンバーも参加する注目のプログラムとして,以下が予定されている。

Kernel Developers Panelコミュニティリーダーが最新トピックに関する今後の動向に関して議論
Linux FoundationボードメンバーパネルLinux Foundationのボードメンバーの代表者によるビジネス面での今後のLinuxの動向への議論

このほかのプログラムも決定次第,順次公式ページにて発表される予定。

「LinuxCon Japan 2012」開催概要は以下の通り。

日程2012年6月6日(水)~8日(金)
場所パシフィコ横浜
対象Linuxおよびオープンソースソフトウェアに関心を持つすべての方
参加費3月12日まで申込み 200USドル(早期割引料金)
3月13日~5月7日まで申込み 250USドル(通常料金)
5月8日以降申込み 300USドル
参加申込みLinux fondationの申込み登録ページから

コメント

コメントの記入