インフォメーション

6月開催「LinuxCon Japan 2012」全プログラム発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Linux Foundation(LF)は,6月6日(水)~8日(金)にパシフィコ横浜にて開催する国際技術カンファレンス「LinuxCon Japan 2012」のプログラムを発表した。

「LinuxCon Japan」は,世界中からLinux/OSSの開発を牽引するリーダーやトップエンジニア,意思決定者,および業界エキスパートが集まり,講演や議論を通じてLinux/OSSの発展を促進することを目的としている。

日本での開催が4回目となる今年は,基調講演に日本人が登壇するほか,日本やアジア諸国からの講演者が多数登壇する予定。⁠世界へ発信する』場所という意味合いが強いものとなっているとのこと。

また今回初めて,学生を対象としたプログラムLinux Community 101 For Studentsを開催する。

「Linux Community 101 For Students」は,学生が世界のトップカーネル開発者たちを前に自分たちの開発成果に関するプレゼンテーションを行い,意見を交わすというもの。Linux開発者の不足が問題となりつつある今,こうした取り組みにより一人でも多くの若い開発者がLinuxの開発に関心を持ってもらうことを期待しての催しだ。

発表されたプログラムの詳細はLinuxCon Japan 2012 | Scheduleのページを参照。

主なセッションは以下の通り。

基調講演

James Bottomley氏
Parallels, Server Virtualization担当CTO,SCSIサブシステムメンテナ
Greg Kroah-Hartman氏
The Linux Foundationフェロー,Stable Kernel TreeおよびLTSIのメンテナ
Dirk Hohndel氏
Intel, Linux and Open Source Technologist
Brian Stevens 氏
Red Hat CTO兼World Wideエンジニアリング担当副社長
柴田次一氏
日本電気株式会社 OSS推進センター センター長
仮想化パネルディスカッション
カーネル開発者パネルディスカッション

注目のセッション

Tizen ミニサミット
日本では初めてTizenに関する本格的な情報提供がされる機会となる。
仮想化ミニサミット
仮想化技術に関するリーダーが集まり,今後の技術動向に関する議論を行う。このサミットの成果は基調講演の『仮想化パネルディスカッション』の中で報告される。
Open Complianceミニサミット
OSSのライセンスと企業によるライセンスコンプライアンスに関して協議を行う。
Linux ディストリビューション・パネル
Fedora(Jon Masters氏)⁠SUSE(Alan Clark氏)⁠Ubuntu(David Mandala氏)など,各メジャーディストリビューションのリーダーにより,各ディストリビューションの動向が紹介される。
Long Term Support Initiative(LTSI)セッション
日本発で組込み業界向けに長期安定版のLinuxカーネルの提供を目指すLTSIのセッション。6月末に予定されているLTSIの最初のリリース(LTSI3.0)の概要が明らかになる。

LinuxCon Japan 2012への参加登録はLFの登録サイトから。参加費は5月7日まで250USドル,5月8日以降の申込みは300USドル。なお,学生は先着50名に限り無料,それ以降の登録者は75USドルとなっている。

LinuxCon Japan 2012
URL:https://events.linuxfoundation.jp/events/lcnjp2012-home

コメント

コメントの記入