インフォメーション

「Agile Conference tokyo 2012」7月に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

⁠株⁠テクノロジックアートは7月18日,アジャイル開発に関するイベント「Agile Conference tokyo 2012」を開催する。

今年で4回目を迎える同イベントでは,変化するビジネスニーズにより効率的に対応するために欠かせないものとなったアジャイル開発を,いかに的確にプロジェクトへ適用し,効率良く生産性をあげていくための術を,国内外の事例をもとに紹介していく。昨年に続いてThoughtWorks社からキーパーソン2名を招き,海外の最新アジャイル開発情報や事例について講演が行われる。

Agile Conference tokyo 2012
URL:http://pw.tech-arts.co.jp/act2012/

「Agile Conference tokyo 2012」の概要は以下のとおり。

日時7月18日(水)11:00~18:00
場所 文京区シビックセンター 小ホール
定員300名
参加費無料(事前登録制)
主催ThoughtWorks Inc.,株式会社テクノロジックアート
協賛株式会社オージス総研,日本マイクロソフト株式会社,日本アイ・ビー・エム株式会社
申し込み専用申し込みフォームから

プログラム

10:20受付/開場
11:00オープニング
株式会社テクノロジックアート 取締役副社長 Le Minh氏
11:10[基調講演]21世紀型ポートフォリオ管理への変革 ~事例による従来型からビジネスアジリティへの革新方法
David Joyce氏,Gary O'Brien 氏(ThoughtWorks Inc.)
12:20昼休憩(70分)
13:30[特別講演]⁠事例】エンタープライズアジャイル開発における組織と顧客の役割
Gary O'Brien氏,David Joyce氏(ThoughtWorks Inc.)
14:40休憩(10分)⁠
14:50[Session 1]Disciplined Agileというお作法
藤井智弘氏(日本アイ・ビー・エム株式会社)⁠
15:30休憩(10分)⁠
15:40[Session 2]オフショア開発と業務システムへのアジャイル開発適用事例(仮)
株式会社オージス総研
16:20休憩(10分)⁠
16:30[Session 3]マイクロソフトセッション
日本マイクロソフト株式会社
17:10[Session 4]中国オフショア開発におけるアジャイルの適用
嵇伶氏(日立華之櫻信息系統(上海)有限公司)

コメント

コメントの記入