インフォメーション

賞金100万円,技術評論社/KDDI主催のARアプリコンテスト「第2回 察知人間コンテスト」募集開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

技術評論社とKDDIの主催によるARアプリ開発コンテスト「察知人間コンテスト」の第2回が開催されることとなった。同コンテストはAR(拡張現実)をより身近にすることを目的に,エンジニアやクリエイターを対象としたコンテストで,応募作品はKDDIのARアプリ開発キット「SATCH SDK」を利用して開発したものに限る。第1回は2012年2月~5月に開催され,グランプリとなった「ARレントゲン」をはじめ多くの応募があった。

今回の応募期間は2012年11月1日(木)~12月10日(月)⁠ここではアイデアのみで構わない。応募のあったアイデアを元に第1次審査を行い,通過した作品を実際に開発し,2013年4月の二次審査に臨んでもらうこととなる。

前回と同様,グランプリ(1作品)には賞金100万円,準グランプリ(1作品)には20万円,特別賞(3作品)には10万円が授与される。詳細はホームページを参照。

第2回 察知人間コンテスト
URL:http://viewer.satch.jp/app_compe/

コメント

コメントの記入