インフォメーション

産学官が集結する日本初のアイデンティティサミット「Japan Identity & Cloud Summit」を3月4日,5日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

OpenIDファウンデーション・ジャパンと国立情報学研究所は,3月4日,5日の2日間,日本初のアイデンティティサミットJapan Identity & Cloud Summitを開催する。

本イベントは,デジタル・アイデンティティやWeb API,トラストフレームワークの関係者が一堂に会し,OpenIDやOAuthなどのコア技術の動向紹介だけでなく,ソーシャルWebやクラウド,モバイルなどの普及が,学術やエンタープライズ,行政などにどのようなインパクトを持つのかについて多数セッションを設けられる予定になっている。

国内の専門家だけでなく,日米英政府関係者など,この分野のリーダーが来日し,アイデンティティについての世界的トレンドや各社の取り組み,今後のサイバー空間へのインパクトなどを参加者と共有する。

本イベントの講演予定者(一部,敬称略)
  • John Bradley(Sr. Technical Architect, Ping Identity)
  • Tim Bray(Developer Advocate, Google)
  • Michael B. Jones(Standards Architect, Microsoft)
  • 谷脇康彦(総務省大臣官房審議官(情報流通行政担当)⁠
  • 中村素典(国立情報学研究所 特任教授)
  • 崎村夏彦(OpenID Foundation, Chairman)
  • Don Thibeau(Open Identity Exchange, Chairman)

Japan Identity & Cloud Summit

日時2013年3月4日(月)~5日(火)10:00-18:00
会場学術総合センター内 一橋講堂及び会議室(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
主催国立情報学研究所
一般社団法人OpenIDファウンデーション・ジャパン
協賛Ping Identity Corporation
ノーサレンダー株式会社
後援総務省 / 文部科学省(予定)
参加費無料(ただし,情報交換会は別途参加費必要)
来場者数1,000名(予定)
公式サイトhttps://jics.nii.ac.jp/
Japan Identity & Cloud Summit
URL:https://jics.nii.ac.jp/
OpenID Foundation Japan
URL:http://www.openid.or.jp/
国立情報学研究所
URL:http://www.nii.ac.jp/

コメント

コメントの記入