インフォメーション

「大統一Debian勉強会2013」開催迫る ~セッション紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今週土曜,6月29日に東京お茶の水, 日本大学駿河台キャンパス駿河台校舎1号館で大統一Debian勉強会2013が開催される。

会場では2トラックのセッション発表と, 開発作業場所としての「ハックラボ」, 今年より追加されたスポンサーブース, そしてセッション外での発表を行うための「アンカンファレンス」会場がある。ここではメインとなるセッションについて,いくつかかいつまんで紹介しよう。

debhelper における プログラミング言語対応の仕組みについてはDebian開発者である岩松氏によるセッション。Debianパッケージの作成に使われるサポートツール「debhelper」について,対応言語としてErlangを追加し「dh-rebar」を作成したことから得られた知見が語られる。

gdb+python拡張を使ったデバッグ手法ではgdbを使ったPHP5のデバッグでgdbのpython拡張が強力な力を発揮する事例が野島氏より披露される。

会社でCentOSばかり使わされているのだけど,Debian/Ubuntuを使いたい…!という方にはサイバーエージェントの前田氏によるとあるWeb企業でのDebianシステムの使い方。が参考にるかもしれない。

セキュリティに関心がある方は,g新部氏によるセキュリティ・トークン「Gnuk」の話善きDebian者は堅牢なるGnuk Tokenを使うに興味を持つだろう。

Microsoft MVP for Windows Azureという肩書きをもちながら,実はDebian 1.3から触っている筋金入りのDebianユーザー廣瀬氏のセッションAzure de Debianでは,Windows AzureにおけるDebianのサポート状況,オープンソースへのマイクロソフトの姿勢や取り組みについて,DebianからWindows Azureを活用する方法が語られる。

本業は流体力学,数値計算が専門の大学研究員,佐々木氏によるDennou Club Library を Debian 公式パッケージにするには?では,⁠仕事で使っているソフトウェアをフリーソフトウェアとして公開する」ことについての苦労話や会場の方々とのディスカッションが期待される。

ここで触れなかったセッションについても興味深い話が聞けるチャンスなので,是非参加を検討してほしい。

イベント名大統一Debian勉強会2013
ハッシュタグ#gumdebianjp
日程2013年6月29日(土)
場所日本大学駿河台キャンパス駿河台校舎1号館
タイムテーブルイベントサイトを参照してください。
参加費無料。事前登録を推奨。
大統一Debian勉強会2013
URL:http://gum.debian.or.jp/2013/

著者プロフィール

やまねひでき

Debian Developer/ Debian JP Project leader (2013) 英語が苦手で英文を読みたくないために和訳作業から入り,Debian勉強会での薫陶を受けてパッケージ作成の泥沼に足を踏み入れる。現在は主に「Debian的な意味でのフリーな日本語対応フォント」を配布充実するためにDebian Fonts Task Forceに参加して活動中。また,Debian広報活動の一貫としてSoftware Design誌で「Debian Hot Topics」執筆などを手がけている。苦手なものはプログラミング。

コメント

コメントの記入