インフォメーション

クラウドとデバイスをテーマに~The Microsoft Conference 2013,11月21,22日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本マイクロソフト株式会社は2013年11月21,22日の2日間,東京・品川にて,同社の最新技術,製品,サービスをすべて紹介するプライベートカンファレンス「The Microsoft Conference 2013」を開催する。

今回のテーマは,クラウドとデバイス。同社が提供するWindows Azureや新型タブレットSurface/Surface 2などはもちろんのこと,世の中にあるすべての技術や製品を対象にしているのが特徴。また,Windows 8.1およびOffice 365を中心とした最新のビジネススタイルに合わせたセッションやWindows Server 2012 R2の実用的な活用方法など,このカンファレンスでなければ体験できないセッションが,2日間で80以上用意される。

主なセッション

  • 開発者キーノート:Cloud First,Mobile First, Developer First!
  • 開発者が知っておくべきこれからの開発現場
  • 最新 .NET テクノロジと次世代型アプリ開発 2013
  • モバイルアプリケーション開発のトレンド~ネイティブアプリケーションの潮流とWindows 8.1
  • HTML5.1?最新のWebトレンドとマイクロソフトの関係
  • Web 開発者のためのクラウド活用 ~ Windows Azure 基本の"き"
  • 最新のプラットフォーム技術と開発ツールを活用した Web の構築
  • HTML5+JavaScript を使った Windows 8 アプリ開発
  • 最新 Surface アプリ開発入門
  • Windows 8.1 時代のクライアント アプリケーション開発
  • iOS / Android / Windows すべてに対応したアプリを作るには
  • クラウドで失敗しないためのデータベース開発基礎
  • デバイス/クラウドをつなぎ新しい価値を創るVisual Studio 2013
  • Office 用アプリ / SharePoint 用アプリの開発実践

その他,パートナー各社による展示「EXPO」や,同社のテクノロジーをすべて集め,担当者に直接問い合わせのできる「Microsoft Zone」など豊富な内容となっている。

参加費無料,事前登録制となっており,すでに満席締切が予想されているので,興味のある方は早めの申し込みを。

The Microsoft Conference 2013公式サイト

コメント

コメントの記入