インフォメーション

1月14,15日開催「JAPAN IDENTITY & CLOUD SUMMIT 2014」 ~アイデンティティから考える。クラウド・ビッグデータ・モバイルの興隆

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

来年1月14日・15日の2日間,アイデンティティサミット「Japan Identity & Cloud Summit 2014(JICS2014)⁠が開催される。

クラウド・ビッグデータ時代におけるパーソナルデータ活用のあり方が問われる中,ますます注目度が増しつつある「アイデンティティ」⁠JICS2014では,この「アイデンティティ」を深く考察し,それらのあり方について2日間にわたり,ビジネス面,技術面,ポリシー面の角度から様々な議論が行われる予定だ。

各個別セッションでは,最新の技術動向はもちろん,エンタープライズにおけるID活用や政府の動向など,魅力的な講演が予定されている。

パーソナルデータ活用やグローバルクラウド時代のアイデンティティについて,熱い議論が交わされる2日間になるはずだ。

イベント概要

名称Japan Identity & Cloud Summit 2014(JICS2014)
日時2014年 1月14日(火)⁠15日(水)
会場学術総合センター
(東京・一ツ橋,竹橋駅 徒歩5分)
主催国立情報学研究所
一般社団法人OpenIDファウンデーション・ジャパン
協賛Ping Identity Corporation
ノーサレンダー株式会社
入場無料
プログラムイントロダクション・トラック
エンタープライズ・トラック
パーソナルデータ・トラック
ガバメント&ポリシー・トラック
アカデミック・トラック(学認シンポジウム)
テクノロジー・トラック(OpenID Summit)
セキュリティ・トラック
主な講演者佐々木俊尚氏(ジャーナリスト)⁠谷脇康彦氏(内閣官房セキュリティセンター)⁠楠正憲氏(内閣官房)⁠喜連川優氏(国立情報学研究所)⁠板倉陽一郎氏(弁護士)⁠藤井彰人氏(KDDI)ほか,TwitterやSalesforce等
Webサイトhttps://jics.nii.ac.jp/
Japan Identity & Cloud Summit 2014(JICS2014)
URLhttps://jics.nii.ac.jp/

コメント

コメントの記入