インフォメーション

Linux Foundation,「LinuxCon Japan 2014」「CloudOpen Japan 2014」追加プログラム発表,通常登録料金は明日5月10日(土)まで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

The Linux Foundationは5月8日(木)⁠5月20日(火)~同22日(木)の3日間,椿山荘会議センター(東京都)にて開催するLinux/オープンソース国際技術カンファレンス「LinuxCon Japan 2014」⁠CloudOpen Japan 2014」の追加プログラムを発表した。

パネルディスカッションCloud Technology Panel

今回新たにパネルディスカッションCloud Technology Panelの基調講演者が確定した。新たに確定した基調講演者は以下のとおり。

  • Nigel Kersten氏(Puppet Labs CIO and VP of Operations)
  • David Nalley氏(Citrix Systems Open Source Business Office)
  • Daniel Veillard氏(Red Hat Manager for Standards)

モデレーターはNTTオープンソースソフトウェアセンター テクニカルスーパーバイザ(Principal Software Engineer)であり,NTTデータ先端技術⁠株⁠シニアコンサルタントのFernando Luis Vazquez Cao氏が務める。

OpenDaylight Mini-Summit開催

今回のイベントで新たにOpenDaylight Mini-Summitを開催する。

2013年4月より本格始動したOpenDaylightプロジェクトによる,OpenDaylightとSDN,アーキテクチャと今後のコードリリース,仮想化ネットワークなどをカバーしたトラックをCloudOpen Japan初日である5月20日(火)に併設する。

プログラムの詳細は以下のイベントサイトにて近日中に公開される予定。

Gluster Community Day開催

同20日(火)にはGluster FSに関するワークショップGluster Community Dayの併設開催が決定した。

開催概要

LinuxCon Japan 2014とCloudOpen Japan 2014は同時開催で共通登録となり,一度の登録で両方のイベントに参加可能。開催概要は以下。

LinuxCon Japan 2014/CloudOpen Japan 2014開催概要

開催日2014年5月20日(火)~22日(木)の3日間
会場椿山荘会議センター(東京都)
イベントサイトLinuxCon Japan 2014イベントサイト
CloudOpen Japan 2014イベントサイト
参加費通常登録料金350米ドル(5月10日(土)まで)⁠直前登録料金425米ドル(5月11日(日)以降)
学生登録料金100米ドル(先着50名まで無料)
⁠※イベントサイトにて参加登録が必要)

コメント

コメントの記入