インフォメーション

日本OpenStackユーザ会,OpenStack実践・体験型の技術者向け特別企画を実施

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

日本OpenStackユーザ会のOpenStack Days Tokyo 2015実行委員会は,2015年2月3日(火)⁠4日(水)に開催する「OpenStack Days Tokyo 2015」における特別企画として,OpenStackコントリビュータ育成プログラム「Upstream Training(アップストリームトレーニング)⁠と,クラウド上にクラウドネイティブなシステムを構築するための技術を体験して学習する「クラウドインテグレーション体験ラウンジ」を実施する。いずれもエンジニア向け体験型プログラム。

Upstream Training
「Upstream Training」は,OpenStackのコミュニティ開発者となるための実践的なトレーニングで,OpenStackの開発母体であるOpenStack Foundationが実施しているグローバルなプログラム。
OSSのOpenStack開発コミュニティには誰でも参加(コントリビュート)できるが,バグ管理システムやコードの品質を保つためのレビューシステムがある。
「Upstream Training」では,OpenStackプロジェクトの構造,OpenStackコミュニティへの参加の仕方,コントリビューションのプロセスなどを学ぶ。なお,Pythonに関する教育は行わないが,コースの中で実際にパッチを作成するプロセスがあるため,Pythonが記述できないとコースを完遂できない。
また,OpenStack Days Tokyo 2015とは日程が異なるので要注意。

Upstream Training実施概要

日時1日目:2015年2月2日(月)14:00~18:00
2日目:2015年2月3日(火)13:00~18:00
※両日とも参加必要。なお前1週間,後2週間のオンライン作業があるため実質1ヵ月。またOpenStack Days Tokyo 2015とは開催日程が異なるので要注意
会場グランドプリンスホテル高輪 2F「鈴蘭(すずらん)⁠
※2日目は同ホテルのB1FにてOpenStack Days Tokyo 2015を開催
対象OpenStackコミュニティへのコントリビューションを検討しているエンジニア
スキル要件OpenStackを自力で動かせること。Pythonが記述,読解できる(基礎レベルで可)
定員約20名
参加費無料
申込方法2015年1月16日(金)までに,氏名,所属,連絡先を「osdt-upstream [at mark] e-side.co.jp」にメールで送付。定員を超える応募があった場合は抽選
クラウドインテグレーション体験ラウンジ
クラウドの「使い方」に焦点を当て,OpenStack上に「クラウドネイティブ」な仕組みをインテグレーションしていくための考え方と技術を体験し,学習できる開発者・インフラエンジニア向けのプログラム。
参加者は代表的なデザインパターンをシナリオに沿って,実際にOpenStackを操作し,クラウドインテグレーションを体験できる。各テーマのコーナーには説明員がアテンドしており,参加者の質問に対応する。テーマ例は以下参照。ラウンジ内に約15台のPCが設置されており,順番に操作する。なお,テーマは予告無く変更される可能性がある。
  1. クラウド/OpenStackの基本操作
  2. クラウド上でのデータ保護とシステム復旧の考え方
  3. 自動化ツール(Ansible)によるシステム自動展開,各種ツールと連携した自動テスト
  4. 状態管理ツール(Serf/Consul)によるシステムの自律化
  5. クラウドリソースとアプリケーションリソースの分離による効率化(Docker)

クラウドインテグレーション体験ラウンジ実施概要

日時1日目:2015年2月3日(火)13:00~18:00
2日目:2015年2月4日(水)13:00~18:00
※開催時間中は自由に参加,自由に退席可能
会場グランドプリンスホテル高輪 2F ⁠桜花(おうか)⁠
※同ホテルのB1FにてOpenStack Days Tokyo 2015を開催
対象クラウド上へのシステム展開を検討しているエンジニア(アプリ開発者,インフラエンジニア)
スキル要件サーバ仮想化の概念と,TCP/IPネットワークの基礎を理解していること。Linuxの基礎操作が行えること
参加費無料
参加方法OpenStack Days Tokyo 2015の登録者は,事前申し込み不要で実施時間内に会場へ行けば参加可能。所要時間は1テーマ約15分/全体で約1時間
OpenStack Days Tokyo 2015
全体プログラムは以下を参照のこと。
http://openstackdays.com/program/

OpenStack Days Tokyo 2015開催概要

会期2015年2月3日(火)⁠4日(水)
会場グランドプリンスホテル高輪 B1F,2F(JR品川駅から徒歩5分)
主催OpenStack Days Tokyo 2015実行委員会
内容基調講演,スポンサー講演,併設展示
対象クラウドを導入したいCTO・CIO層,クラウドビジネスの企画者,クラウド業界のビジネスユーザ,クラウド業界内開発者,パートナー企業,データセンタ・テレコム業界のビジネスユーザ,ICTへの関心と利用率の高いビジネスユーザ
定員延べ2,000名
参加無料(事前登録制)
申込こちらのWebサイトから申込
申込締め切り2015年1月27日(火)17:00迄 ※定員となり次第締め切り
OpenStack Days Tokyo 2015
URL:http://openstackdays.com/

コメント

コメントの記入