インフォメーション

「U-22プログラミング・コンテスト2015」の詳細決定,公式サイトをオープン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は,2015年度プログラミング・コンテストの応募要領を公開するとともに,2015年版の公式Webサイトをオープンした。

U-22プログラミング・コンテストは,経済産業省の主催で1980年より開催されているコンテスト。アイデアに富んだソフトウェア開発に取り組むことができる人材の発掘を目的としている。2014年からはご協賛企業からなる「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催し,コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が運営事務局として継承され,開催が続いている。

2015年版からの特徴として,新たに「プロダクト」⁠テクノロジー」⁠アイデア」の3つの評価カテゴリが設けられた。また従来の各賞と共に提供される副賞の他,受賞者には希望により以下の特典が付加される。

  • 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が行っている未踏事業(未踏IT人材発掘・育成事業)への推薦
  • CEATEC JAPAN等の展示会にて,受賞作品のプレゼンテーション
  • 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)のスタートアップ支援事業への推薦
  • スポンサー企業への会社見学ツアー,インターシップ等への参加権利の授与

参加資格は,日本国内に居住する西暦1993年(平成5年)4月2日以降に生まれた方。募集プログラムは未発表または2014年9月1日以降に発表したオリジナル作品。ジャンルやプログラミング言語は特に問わない。応募方法の詳細は公式Webサイトを参照。

2015年の開催スケジュール(予定)は以下の通り。

4月1日(水)応募要領発表/2015年版公式Webサイト開設
7月1日(水)~8月17日(月)応募受付
8月~9月事前審査,一次審査
10月4日(日)最終審査会・特別講演・各賞発表
10月5日(月)経済産業大臣賞・商務情報政策局長表彰式(情報化月間記念式典:予定)
10月7日(水)~10月10日(土)CEATEC JAPAN 2015にて受賞作品の紹介
U-22プログラミング・コンテスト2015
URL:http://www.u22procon.com/

コメント

コメントの記入