インフォメーション

「D-BUSINESS JAPAN」,7月17日に開催――「DigitalとDrupal」をテーマにした専門セミナー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2015年7月17日,OSSのCMS・EC統合基盤「Drupal」に特化した専門セミナー「D-BUSINESS JAPAN」⁠主催:シーアイアンドティー・パシフィック株式会社)が開催される。

同セミナーは,ここ数年欧米を中心に利用が進んでいるDrupalにフォーカスし,⁠DigitalとDrupal」をコンセプトにしたプログラムで予定されており,とくにビジネス層(マーケティング部門や情報システム部門管理職)を対象としたコンテンツで構成される。

第1~3部では,それぞれ

  • 第1部「みんな使っているCMSのDrupalってどこがいいの?」
  • 第2部「Drupalではじめるデジタル体験管理」
  • 第3部「The Power of Open Source Software driving Acquia's Success」

といったタイトルのセッションが用意されており,Drupalの魅力や強み,特徴について各スピーカーによって発表される。

前半最後のセッション

  • 第4部「Drupal連携ソリューション一挙ご紹介」

では,4社によるDrupal導入事例が紹介される。

後半はDrupal導入後の運用や,インフラとしてAWSを採用したときのポイントについて解説されるセッションが予定されている。

参加費は無料なので,興味のある方はぜひ足を運んでもらいたい。

申し込みはこちらから。

日時2015年7月17日 金曜日 14:00~18:30
サイトhttp://d-businessjapan.ciandt.asia/
会場アマゾン目黒オフィス ⁠東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F)
参加料無料
定員100名
主催シーアイアンドティー・パシフィック株式会社
共催アマゾンデータサービス株式会社

コメント

コメントの記入