インフォメーション

「Cloudera World Tokyo 2015」11/10に開催,Hadoop生みの親Doug Cutting氏が来日講演

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Clouderaは2015年11月10日,東京・目黒雅叙園にてHadoopを中心としたイベント「Cloudera World Tokyo 2015」を開催する。10月16日,その講演内容が発表された。

基調講演では,Hadoopの生みの親であるClouderaチーフアーキテクトのDoug Cutting氏が来日,ビッグデータ/IoT時代の「データ革命」と題した講演を行う。また分科会では,Doug氏により開発が進められているHadoopのサブプロジェクト「Avro」についての講演も予定されている。

このほか,MapReduceを代替し,高速性や高い操作性をもつ並列データ処理エンジンとして注目されているApache Sparkの仕組みやメリット,事例の紹介と共に,9月に発表したエンタープライズ向けApache Sparkの開発を促進する「ワン・プラットフォーム・イニシアティブ(One Platform Initiative)⁠も紹介される。

さらに同社が2週間前に発表したHadoopの新しいストレージエンジンKudu,およびHadoopエコシステムを横断する新セキュリティレイヤRecordServiceに関する詳しい説明が同社CTOのDr. Amr Awadallah氏から行われる予定。

「Cloudera World Tokyo 2015」の開催概要は以下の通り。

開催日時2015年11月10日(火)10:00~20:00
会場目黒雅叙園 2階および4階「舞扇の間」
定員1,000名
参加費無料
申し込み専用申し込みフォームから
特別講演IoT時代に向けたHadoopへの期待と責任
東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩氏
基調講演データ革命(仮)
Cloudera チーフアーキテクト Doug Cutting氏
基調講演ビックデータで求められるコンプライアンスとセキュリティ(仮)
Cloudera プロダクトマーケティング シニアディレクター Clarke Patterson氏
基調講演Clouderaの新製品と戦略(仮)
Cloudera 最高技術責任者(CTO) Dr. Amr Awadallah

基調講演以外の分科会セッション(午後)については午後のセッション一覧を参照。

Cloudera World Tokyo 2015
URL:https://clouderaworld.tokyo/

コメント

コメントの記入