インフォメーション

「OpenStack Days Tokyo 2016」7/6,7に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本OpenStackユーザ会は,7月6日(水)⁠7日(木)の2日間,OpenStackをテーマとしたカンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2016」を,虎の門ヒルズフォーラムにて開催する。すでに参加登録の受け付けを開始しており,2日間で2,500名の来場を見込んでいる。

第4回目の開催となる今年のOpenStack Days Tokyoは,⁠10年先のプラットフォームへ」をテーマとし,本番環境への導入実績を中心とした事例が多数紹介される。また,OpenStackを運用する技術者に有益な知識・ノウハウを提供するセッションや情報交換ができる場も提供される。

基調講演は,OpenStack Foundation COOのMark Collier(マーク・コリアー)氏が登壇し,コミュニティの最新情報,OpenStackエコシステムのグローバルな展開や最新の導入事例などについて講演を行う。この他,OpenStackのエンタープライズ利用を推進するユーザー企業のノウハウ等が紹介される。

また,OenStack開発のトップエンジニアた,開発者側から見たホットトピックを紹介するセッションも用意されている。次期バージョンであるNewtonリリースに向けたロードマップや課題,新しく加わったプロジェクトなどについて,最新BPやAustin Design Summitでの議論などにも触れながら紹介する。

その他,多くの講演を含むプログラムの詳細,更新情報は公式サイトにて公開されている

「OpenStack Days Tokyo 2016」の開催概要は以下の通り。

名称OpenStack Days Tokyo 2016
テーマ10年先のプラットフォームへ
日程2016年7月6日(水)⁠7日(木)
会場虎の門ヒルズフォーラム
主催OpenStack Days Tokyo 2016 実行委員会
対象クラウドを導入したいCTO・CIO層
クラウドビジネスの企画者
クラウド業界のビジネスユーザ
クラウド業界内開発者
パートナー企業
データセンター・テレコム業界のビジネスユーザ
ICTへの関心と利用率の高いビジネスユーザ
定員2,500名
参加費無料(事前登録制)
参加申込専用申し込みページから
申込締切2016年7月1日(火)17:00
期日以前でも定員となり次第締切
URLhttp://openstackdays.com/

コメント

コメントの記入