インフォメーション

「『人工知能の作り方 「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』刊行記念イベント 人工知能で魅力的なキャラクターを作るには?」1月17日,ジュンク堂書店池袋本店にて開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

スクウェア・エニックスでAI設計,開発に従事する三宅陽一郎氏による『人工知能の作り方 ―「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』が2016年12月に刊行されました。本書の発売を記念して,だれもが知るゲームキャラクター・トロ(⁠どこでもいっしょ』⁠の生みの親,南治一徳氏を迎え,現在の人工知能とゲーム制作について,トークセッションを1月17日にジュンク堂池袋本店にて開催します。

「トロのAIの作り方」「最新の人工知能でキャラクターはどんなことができるのか?」などを手はじめに,さまざまな角度から最新のデジタルゲームにおける人工知能をひもといていきます。

講師紹介

三宅陽一郎(みやけよういちろう)
ゲームAI 開発者。テクノロジー推進部リードAIリサーチャー。京都大学で数学を専攻,大阪大学大学院物理学修士課程,東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て,人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタル ゲームにおける人工知能技術の発展に従事。
南治一徳(なんじかずのり)
1970年佐賀県生まれ。電気通信大学卒業。大学の友人達とSCE(現SIE)のオーディション企画「ゲームやろうぜ!」に参加。そこで代表作となる『どこでもいっしょ』を制作。この作品で人気キャラクター「トロ」が誕生した。その後,同シリーズ作品をてがけ,現在はソーシャルゲームなども開発&運営中!

イベント概要

イベント名『人工知能の作り方 ⁠おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』⁠技術評論社)刊行記念イベント 人工知能で魅力的なキャラクターを作るには?
会場ジュンク堂書店池袋本店 4階喫茶
日時2017年01月17日(火)19:30 ~
講師* 三宅陽一郎(株式会社スクウェア・エニックス リードAIリサーチャー)
* 南治一徳(株式会社ビサイド 代表取締役社長)
入場料1,000円(ドリンク付)
定員40名
受付1階サービスカウンターにてご予約ください。電話(TEL:03-5956-6111)でも予約可。
『人工知能の作り方 「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』(技術評論社)刊行記念イベント 人工知能で魅力的なキャラクターを作るには?
URL:https://honto.jp/store/news/detail_041000020574.html

コメント

コメントの記入