インフォメーション

「次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」応募受付開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

「次世代ロジスティクスオープンデータ活用コンテスト」は,株式会社フレームワークスが主催する,物流オープンデータ活用コンテスト。昨年に続き第二回目となる。

人工知能(AI)活用の時代における物流への新提案を,国内外の一般の開発者や研究者,学生などから募集するもの。

コンテスト応募者には,以下のオープンデータが公開される。

  • 物流に関するデータ
  • 倉庫に関するデータ
  • HEMSに関するデータ
  • 人口統計に関するデータ

コンテストでは,ビジネス部門・AI部門・研究部門の3部門について,アプリケーション,Webサービス,ガジェット,調査研究レポートを募集している。

応募作品は,次世代ロジスティクスへの提案性の観点から,審査会が総合的に判断する。

コンテストの応募は以下のサイトから受け付けている。

開催概要は以下のとおり。

応募期間2017年4月28日(金)~2017年9月27日(水)
結果発表・表彰式2017年11月(予定)
応募資格本コンテストの応募規約の同意者
応募条件株式会社フレームワークスのオープンデータを活用すること
応募作品を,コンテスト期間中は無償で公開すること
審査員長坂村 健(東洋大学情報連携学部 INIAD学部長)
審査員秋葉 淳一(株式会社フレームワークス 代表取締役社長)
小笠原 治(さくらインターネット株式会社 フェロー)
浦川 竜哉(大和ハウス工業株式会社 常務執行役員 建築事業担当)
最優秀賞200万円
優秀賞50万円×4
審査員特別10万円×10本程度
主催大和ハウスグループ 株式会社フレームワークス
共催YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
特別協力大和ハウス工業株式会社
協力INIAD cHUB(東洋大学情報連携学部 学術実業連携機構)
後援大和物流株式会社/株式会社マイクロベース/株式会社Hacobu/ルクセンブルク貿易投資事務所

バックナンバー

2017年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入