インフォメーション

Microsoft Azure,日本のデータセンター基盤を大幅拡張――大規模基幹業務システム対応仮想マシン「Mシリーズ」とSAP HANA専用ハードウェア「SAP HANA on Azure(Large Instances)」を東日本・西日本両リージョンから提供することを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

日本マイクロソフト株式会社は2017年6月1日,同社のパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureの日本データセンター基盤を大幅拡張することを発表した。

今回発表するのはとくにエンタープライズ領域を対象としたもので,新たに次の2つの新シリーズ・ハードウェアの提供開始を発表した。

  • 大規模基幹業務システム対応仮想マシン「Mシリーズ」
  • SAP HANA専用ハードウェア「SAP HANA on Azure(Large Instances)⁠

大規模基幹業務システム対応仮想マシン「Mシリーズ」

Mシリーズは,おもに大規模基幹業務システムを対象とした仮想マシンで,最大128コアCPU,3.8Tバイトメモリを搭載するもの。2017年12月末までに東日本・西日本,両リージョンでの提供が開始される。

SAP HANA専用ハードウェア「SAP HANA on Azure(Large Instances)」

SAP HANA on Azure(Large Instances)は,最大960CPUスレッド,20Tバイトメモリを搭載したSAP HANA用にチューニングされたハードウェアサービスで,SAP HANA Enterprise Edition OLAPアプリケーション(SAP BW/4HANA)のマルチノードデプロイメントで最大60Tバイトまでメモリのスケールアウトに対応する。

また,今回発表された「Mシリーズ」および「SAP HANA on Azure(Large Instances)⁠に対応したSAPアプリケーションのSI/コンサルティングメニューを開発することが,アクセンチュア株式会社や株式会社インターネットイニシアティブをはじめとする14社から発表された。

「再来日して,このように発表できることを嬉しく思う」とコメントし,今回の発表について説明するMicrosoft AzureのCorporate Vice President, Jason Zander氏

「再来日して,このように発表できることを嬉しく思う」とコメントし,今回の発表について説明するMicrosoft AzureのCorporate Vice President, Jason Zander氏

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2017年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入