インフォメーション

「OpenStack Days Tokyo 2018」8/2,3に開催,「Cloud Native Days Tokyo 2018」も同時開催,参加申し込み受付中

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

8月2日(木)⁠3日(金)の2日間,OpenStackの専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2018」⁠主催:日本OpenStackユーザ会/OpenStack Days Tokyo 2018実行委員会)が,ベルサール東京日本橋にて開催される。

第6回目を迎える今年は「Toward Cloud-Native」をテーマとして,クラウドの先進事例をはじめ,DevOps,NFV(ネットワーク仮想化)⁠AI/ディープラーニング,HPC,IoTでの活用を交え,多様なテーマをカバーしたセッションが多数予定されている。さらに今回は,OpenStackの枠を外し,さまざまなクラウドプラットフォームを横断するベンダーニュートラルな立場で⁠Cloud Native⁠をさらに掘り下げて議論する「Cloud Native Days Tokyo」が新たに同時開催される。

初日の基調講演では,OpenStack FoundationのExecutive Directorを務めるJonathan Bryce(ジョナサン・ブライス)氏がコミュニティの最新情報,OpenStack Foundationの最近の動向などについて語る。また,Cloud Foundry FoundationのExecutive DirectorであるAbby Kearns(アビー・カーンズ)氏は⁠Cloud Native⁠がもたらすフレキシビリティ,オープンソースソフトウェア / オープンインフラストラクチャの役割について講演する。

各セッションは「コンテナ」⁠Edge/NFV」⁠AI/Deep Learning/HPC」⁠Dev/Ops/PaaS」の各トラックに分かれ,それぞれ興味深いセッションが用意されいてる。プログラムの詳細は公式ページのプログラムを参照。

「OpenStack Days Tokyo 2018」の開催概要は以下の通り。

テーマToward Cloud-Native
併設Cloud Native Days Tokyo 2018
日程2018年8月2日(木)⁠3日(金)
会場ベルサール東京日本橋
主催OpenStack Days Tokyo 2018実行委員会
定員両イベント合わせて1,500名
参加費事前登録制
早期割引(7月18日まで)5,000円
通常価格(7月19日以降)10,000円
申込以下のイベントWebサイトから
締切2018年7月27日(金)17:00(定員となり次第締切)

コメント

コメントの記入