インフォメーション

MTDDC Meetup TOKYO 2018,11月3日に開催――テーマは「FUSION(融合)」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2年ぶりとなる東京開催のMTDDC Meetup

2007年8月に初めて開催されたMovable Type Developers Conference。2009年からはMTDDC(Movable Type Developers & Designers Conference)と名称を変え,開発者だけではなくデザイナーも参加するカンファレンスとなった。

今回,2016年11月以来,2年ぶりとなる「MTDDC Meetup TOKYO 2018」が11月3日に開催される。

MTDDC Meetup TOKYO 2018
URL: http://mtddc2018.mt-tokyo.net/

同イベントは,⁠Movable Typeの最新情報」⁠Webデザインのトレンド・最新手法」⁠ 「Web・ITに関する最新知識・技術」の習得に加えて,Movable Type技術者・デザイナー・ディレクター・Web制作会社などが互いの交流を深め,Web制作業界全体のスキルを底上げすることを目的に開催される。

2018年のテーマは「FUSION」

今回のテーマは「FUSION」⁠現在のWebを考えるうえで、多数のデバイス(スマートフォン・タブレット・デジタルサイネージ・IoTなど)への対応,さらに,制作・デザイン側の視点で,マーケティング・広報・制作などの横断的連携など,ユーザに届ける前に,さまざまな事柄を「融合」させることが必要な場面が多くなっていることをふまえ,Movable Typeをコアに,さまざまなものとの「融合」をテーマにイベントが設計されている。

基調講演を担当するのはシックス・アパート株式会社/取締役CTO平田大治氏。⁠Movable Type の最新動向と今後のロードマップ」と題し,Movable Typeの現状そしてこれらについて語る。

その他,⁠デザインシステムを上手く作るツールの使い方を考える」⁠黒野明子氏)⁠⁠HCD活用をさらに深める「ユーザー」の考え方」⁠笹原舞氏)⁠⁠デザインの秘密道具と「個」の時代のデザイナー」⁠角田綾佳氏)と言ったデザイナーとして今考えるべき内容や,藤本壱氏による「Movable Typeでロボットを動かす?AIスピーカーをしゃべらせる?Data APIでMovable TypeとIoTをFUSION」⁠関口浩之氏の「フォントおじさん2018 ~知ってるようで意外と知らないWebフォントの世界~」など,Movable TypeはもちろんさまざまなWebデザイン・Web開発に関わるエンジニア・デザイナーたちによる魅力的なセッションが予定されている。

申し込みはこちらから。

日時2018年11月3日11:30~19:00
場所ヤフー株式会社セミナールーム東京ガーデンテラス紀尾井町紀尾井タワー17階
主催MTDDC Meetup TOKYO 2018実行委員会
協力シックス・アパート株式会社
URLhttp://mtddc2018.mt-tokyo.net/
参加費一般:3,000円,学生:1,000円

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入