インフォメーション

DataRobot,「AI Experience 2019 Tokyo」を11月20日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

機械学習の自動化(AutoML)を生み出したDataRobotが主催する,AI Experience 2019 Tokyo⁠参加費無料)の開催が今年も決定した。

今年はAI活用における新たなテーマとして「AI SUCCESS」と題し,AIをビジネスや組織にどのように浸透させ,AI活用をカルチャーにしていくのか,その重要性を基調講演や特別セッション,ユーザーセッション,業種別セッション,ハンズオンセッション,展示など様々なプログラムを通じて来場者に体験してもらう。

基調講演にはオリエントコーポレーション 執行役員 デジタルイノベーション室担当 ⁠兼)デジタルイノベーション室長 伊丹薫氏が登壇し,自社の事例を交えて講演を行う。

さらにユーザーセッションでは,AIを活用したビジネスの変革やイノベーションを起こした様々な企業の先進事例としてオリエンタルランド,ZOZO,東京ガス,ブラザー,三菱UFJ信託銀行,村田製作所,楽天などのAI先進企業が登壇予定だ。

また,特別講演では昨今の教育機関におけるデータサイエンス学部の新設など,教育業界におけるデータサイエンス教育の重要性について,なぜ今,産学が連携して,データサイエンス人材育成に注力しているのかをパネルディスカッションで紹介する。

詳細および申し込みは公式サイトを確認のこと。

イベント概要

名称AI Experience 2019 Tokyo
日時2019年11月27日(火⁠⁠ 10:00-17:00(受付開始9:30)
定員3,000名
参加費無料(事前登録制)
場所ザ・プリンス パークタワー東京
AI Experience 2019 Tokyo
URL:https://www.datarobot.com/jp/ai-experience/tokyo/