羽生章洋『はじめよう!システム設計』刊行記念特別インタビュー~角征典から見た2018年の上流工程とカスタマーエクスペリエンスの時代

第3回 はじめよう!プロセス設計[前編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2018年1月に羽生章洋著『はじめよう! システム設計 ~要件定義のその後に』が発刊され,2015年から続く『はじめよう! 要件定義 ~ビギナーからベテランまで』⁠はじめよう! プロセス設計 ~要件定義のその前に』の上流工程三部作が完結しました。3回目である今回は,著者である羽生章洋氏に『はじめよう! 要件定義』の前段階である『はじめよう! プロセス設計』についてお話を伺います。

画像

――前回は,要件定義をちゃんとやるためには,それより前のことをちゃんとやらなきゃダメって話でしたけども。

羽生:要するに,材料がないと成果って出せないよね,と。生卵がないと目玉焼きって作れない。で,世の中には,要件定義の前工程がほんとないんだなあ。これが数十億円規模の案件でも多発してるの。

画像

――でも,元受けとか二次受けレベルがいるわけですよね。

羽生:あのね,結合テストの仕様書の作成支援をする仕事に行ったときに,単体テストがコンパイル通ってなかったんですよ。

――それは,スケジュールが遅れてたんですかね。

羽生:そうなの。スケジュール的には開発が完了したことになってんだけど,実際にはまだ開発の真っ最中なので,単体テストが動かないんですよ。工程が全部ずれてて,結合テストが終わる段階で,単体テストができるレベル。

――ってことは,開発が終わる頃に要件定義……。

羽生:そうなんですよ。一個ずつ見事きれいに工程がずれてて。じゃあなんでって言ったら,一番初期の段階で業務設計をやるべきところで,誰も何をやっていいのかわかんないから,何にもやってないんですよ! 何もやってないまま,業務要件の設計が終わったことになっちゃってる(笑)⁠

――要件定義をしなきゃいけない人たちが,もっと上から手を付けなきゃいけなくなってるわけですね。

羽生:そうそう! だから,要件定義で困ってる人は,要件定義で困ってるわけじゃないの。一つ前なんですよ。結合テストがうち大変なんですって言ってるところは,結合テストじゃなくって,単体のレベルがもうすでにダメなんですよ。前工程の尻ぬぐいをやってるの。これね,100パーセントなんですよ。

結局,何のために,どんなソフトが必要やねん

羽生:『はじめよう! プロセス設計』にも書いてるけど,プロセスは前工程の成果が後工程の材料になって,これが連鎖して行くんですよ。よくね,トヨタ式とかでさ,後工程はお客様とか言うじゃないですか。なのに,後工程にとりあえずゴミを流して,うち(自工程)は終わりましたーって言っちゃうんですよ。これね,運用に入ってからもそうなんですよ。もうね,運用以前なの。前工程としての開発のね,尻ぬぐいを運用とか保守の名のもとにやってる。

――よく「運用でカバー」と言いますけども。

羽生:違う意味で「運用でカバー」してるんですよ。開発そのものの不備をカバーしてるの。じゃあ,それはなんでだろうっていうのをいろいろと追及していったら,結局は「要件定義」っていう言葉のなかに,いろんなもんを全部混ぜすぎちゃってて,工程がでかくなってるんですよ。

――「要件定義」をもっと小さくしないといけない。

羽生:うん。一番大事なのが「業務要件」とか「ビジネス要件」とか,言葉は定まんないんだけど,要するにユーザーニーズをまとめて,ソフトウェア要件に落とす前に決めるやつですよ。アジャイルでいうと,ユーザーストーリーですよ。結局,何のために,どんなソフトが必要やねんっていうときの「何のために」が,誰もわかってなかったんですよ。それで,⁠はじめよう! 要件定義』の11章を抜き出してできたのが,⁠はじめよう! プロセス設計』なんです。

画像

――当初は出す予定はなかった?

羽生:なかった。本当は『楽々ERDレッスン』をリバイズしたものを先に出したかったんだけど,いや待て,これはデータベース設計以前だと。そんな話より先にプロセス設計をやんないと辛いって話になって。

――工程が逆流してますね。

羽生:それで,11章を抜き出したものだから同じシリーズにしましょうっていうことで,まず中身の体裁が同じになって,表紙のイメージを決めるときに「どういう仕事をしたいのか」っていう,前作の俯瞰的な状態にしたかったので,こっちの(要件定義の本の)花が,ここ(プロセス設計の本の表紙)にもあるんです。

画像 画像

――目玉焼きを作ってる人もいますね。

羽生:そうそう。つまり,目玉焼きを作って,こういう接客をして,こういうレストランをやりたい,っていう要件を実現すると,こう(⁠はじめよう! 要件定義』の表紙を指差して)なるよねっていう意味合いがあります。後付けなところもありますけど(笑)⁠

一番のゴミ溜めみたいな言葉になってるのが「要件定義」

――この2冊は本当に姉妹というか,対象読者も同じですか?

羽生:そうですね。でも,失敗したのは「プロセス設計」っていうタイトル。⁠プロセス設計」は自分の仕事じゃないとみんなが思ってるんですよ。

――たとえば「業務設計」だったらよかったかも?

羽生:それも悩ましくて。昔から工程としてはちゃんと一応あるにはあるんですよ。ただ,今でこそIPAの「共通フレーム」「業務設計」っていう言葉が入っているんですけど,日本だと「要件定義」って言葉に丸められがちで。しかもメーカーごとに派閥があって,用語がぜんぜん違うという。だから業務設計って言っても通じないというか。

――「外部設計」なのか「基本設計」なのか,とか。

羽生:こっちの「要件定義」はこっちの「システム分析」ですよ,とかね。ちなみに,僕はNECの「STEPSII」育ちで,下請けでガッツリやってたのね。それで,転職してから富士通(の手法)の案件に行くと,言葉遣いが微妙にずれてて。そういうずれてる中で一番のゴミ溜めみたいな言葉になってるのが「要件定義」ですよ。

――(ゴミ溜め……。)

羽生:プロジェクトの企画の話から,詳細設計のところまで,よくわかんない工程は全部「要件定義」⁠そんな状況で,派閥によって用語が違うから,プロセス設計はみんなが自分の持ち分じゃないって思ってるんですよ。

――「サービスデザイン」なんかがいいんじゃないですか?

羽生:確かに(2017年5月に出た「デジタル・ガバメント推進方針」「サービスデザイン思考」という言葉が明記された)今だったらいいのかもしれないけど,⁠はじめよう!プロセス設計』は2016年じゃないですか。当時は,言葉遣いとしてのサービスデザインはまだまだ微妙で,タイミングが合わなくって。

画像

著者プロフィール

羽生章洋(はぶあきひろ)

1968年生まれ。エークリッパー・インク代表など。かんたん見える化ツール「マジカ」や要件定義記法IFDAM,マジカやIFDAMを活用した上流工程手法「STEP」の作者。色々やってみたけど上手くいかなくて本当に困ってる方向けの研修や支援などを提供中。主な著書に,はじめよう三部作の他,『SQL書き方ドリル』『楽々ERDレッスン』『いきいきする仕事とやる気のつくり方』『原爆先生がやってきた!』など。

URL:http://habuakihiro.com


角征典(かどまさのり)

ワイクル株式会社 代表取締役,東京工業大学 環境・社会理工学院 特任講師。アジャイル開発やリーンスタートアップに関する書籍の翻訳を数多く担当し,それら導入支援に従事。主な訳書に『リーダブルコード』『Running Lean』『Team Geek』『エクストリームプログラミング』,共著書に『エンジニアのためのデザイン思考入門』。

URL:https://kdmsnr.com/

コメント

コメントの記入