NEWS & REPORT

「コミュニティで活動するには」――Microsoftオープンソースコミュニティ相互運用戦略ディレクターGianugo Rabellino氏が語る「Microsoftとオープンソースコミュニティの今後の関係」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Web 2.0と呼ばれる概念が登場して以降,ユーザ,テクノロジー,コミュニティ,開発者,そして企業の関係が大きく変わり始めました。これまでは企業からの一方向の発信だったものが,テクノロジーやコミュニティを核に,ユーザ,開発者,企業が集まる姿になってきたのです。そういった企業の1つとして,Microsoftが挙げられます。

今回,Microsoftでオープンソースコミュニティとの連携戦略をとりまとめる,シニアディレクターGianugo Rabellino氏にお話を伺う機会を得たので,その模様をお届けします。

Microsoftオープンソースコミュニティ相互運用戦略ディレクターGianugo Rabellino氏

Microsoftオープンソースコミュニティ相互運用戦略ディレクターGianugo Rabellino氏

数多くのOSSに関わったキャリア

Q:まずはじめにこれまでのキャリアについて教えてください。

Gianugo Rabellino氏(以降G.R.)⁠現在所属しているMicrosoftには1年1ヵ月在籍しています。ここに至るまで,過去,数多くのオープンソースソフトウェア(OSS)に関わってきました。振り返ってみると,92年にLinuxに触れ,その後,Apache Software Foundationに積極的に従事していて,現在はXMLプロジェクトのVice Presidentという立場で貢献しています。

Microsoftに入社して,強く思ったのが(Microsoftが)OSSコミュニティを主導していこうという点です。入社時は,すでにOSSへの貢献に積極的に取り組んでいた時期ではありました。当時はちょうどクラウド,Azureといったインフラに関連するものが広がり始めてきた時期でもあります。そこで,開発者に必要な言語やテクノロジーに制限されることなく他の技術との相互運用性が保てるようにすることを目指すことが私のミッションとなりました。

Microsoftでのポジション

Q:今のMicrosoft内ではどのようなポジションにいるのですか?

G.R.:今お話ししたクラウドに関連するものとして,Windows ServerやWindows Azure上でのnode.jsに関するプロジェクトに関わっています。これらにおいて,開発者たちが何を求めているのか,それをきちんと把握し理解して,Microsoftとしてサポートできる環境を整備しています。

こういった背景には,今のインターネット/Webの流れを見て,Microsoft一社だけではできないという認識が芽生えてきたことが挙げられます。これは当社に限った話ではなく,ネットの世界全般に言えることです。

私が関わってきたApacheなど,コミュニティ主導で開発されているソフトウェアは数多くあります。彼らのソフトウェアをより良いものにするには,企業との連携が不可欠です。そこで,今の私のポジションは,コミュニティに対する企業の窓口を担っています。

また1つのコミュニティに限って窓口になっているのではなく,さまざまなコミュニティと,またMicrosoft内のさまざまなプロダクトグループとも連携を取り,それらをつなぐことを実現したいと考えています。

Q:たしかに,ここ数年でMicrosoftのイメージが変わった印象です。とくに,OSSやコミュニティとの連携が目に見える形で現れてきました。現状,Microsoftとしてどういった状況でしょうか?

G.R.:2011年12月現在,Windows上で35万ものOSSプロダクトが稼動します。また,世界のシェアトップ25のOSSのプロダクトのうち23種類がWindowsで動く状況です。私たちとしては,この数をもっと増やしていきたいです。そのために,Microsoftとして提供できる情報を積極的に共有して,多くの開発者の皆さんの成功につなげていただければと考えています。

Q:Rabellino氏ご自身,そして今のMicrosoftが,OSSに対して積極的な姿勢をお持ちだということがわかりました。では,一般的な企業とOSSコミュニティの関係についてどのようにお考えでしょうか?

G.R.:まず,世界的な企業のほとんどが,企業内に何かしらのOSSを採用しているという事実があります。インターネットを活用している企業であれば100%に近いでしょう。

私の,OSS開発者としての立場から考えると,企業,個人を問わず,多様化したコミュニティが健全に進化していくことが必要だと思っています。ですから,企業だからコミュニティとは違う,というのではなく,企業もコミュニティの一部という考え方が必要でしょう。

また,そういったコミュニティが永続的になるためには中立的な立場が求められます。たとえば,Apache Software Foundationなど,あのような組織体制というのは成功している1つの形ではないでしょうか。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

インタビュー

  • 「コミュニティで活動するには」――Microsoftオープンソースコミュニティ相互運用戦略ディレクターGianugo Rabellino氏が語る「Microsoftとオープンソースコミュニティの今後の関係」

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入