インタビュー

田中洋一郎氏,鈴木理恵子氏に訊く,mixiページアプリAPIの狙い,そして開発者に向けたmixiの展開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

mixiページの狙いとmixiページアプリ登場の背景

馮:まずはじめにmixiページアプリの現状について教えてください。

田中:これまでのmixiは友人と友人のコミュニケーション,つながりを軸に展開してきました。それが,ここ数年のソーシャルメディアの潮流としてクチコミ,バイラル,いわゆるシェアという考えが強くなっています。そこで生まれたのがmixiページです。

株式会社ミクシィ技術部
OpenSocialエキスパート田中洋一郎氏

株式会社ミクシィ技術部OpenSocialエキスパート田中洋一郎氏

私は,企業のmixiページの場合,⁠企業のソーシャル的な出張所」と考えていて,そこで,企業と顧客の関係作り,ブランディングを行うスペースと捉えています.ですから,新しい価値や情報投下をしていく上で私たちが提供する枠組みだけではカスタマイズが必要になり,そこでアプリではないかというのが展開のきっかけです。

現在,誰もが利用できるmixiページアプリは5種類あります。すべて法人の方が運営しています。

馮:mixiページアプリAPIにはどのような機能が実装されているのでしょうか。

田中:元々あるソーシャルグラフだったり,People APIなど,mixi Platformで提供している機能すべてが利用できます。具体的には,API経由でフィードを取得したり,mixiボイスとの連携やフォトツールとすることも可能です。mixiページアプリは,技術的にはiframeを使っているので,すべてのWeb技術が利用できることになります。

馮:mixiページアプリのリリース後の反響はいかがでしたか?

田中:正直な感想として,mixiアプリに比べると穏やかでした。先ほども述べたように,mixiページ自体が,企業や組織での利用用途に向いていることもあり,従来のmixiアプリのようなエンタメ要素が少ないことが要因の1つと考えています。加えて,mixiアプリよりマネタイズする部分が想像しづらいということもありましたね。

馮:具体的なマネタイズ施策などについては模索中でしょうか?

田中:私たちからこうやってほしいという要望を直接出してはいないのですが,ユーザの反応を見るかぎり「mixiページの中でアプリを作り込む」ということを試行錯誤している段階のように感じています。そこにデベロッパー・エンジニアの工夫が盛り込められる余白があるとも考えられます。

鈴木:mixiページアプリはiframeでWebページを表示をしているので,実は単純なHTMLファイル1枚でも良いわけです。ですから,プログラミング言語を知っているエンジニアだけではなく,デザイナーの皆さんにも取り組んでもらえる対象と言えますね。

もし企業のmixiページを作ったならば,まずHPにあるページ,例えば取り扱い商品ページをmixiページアプリにするのもいいと思います。そこにAPIでソーシャルな要素を肉付けしていくと作りやすいのではないでしょうか?

まずはmixiページアプリを作ってもらうこと,それを願っています。

コアプロダクト開発グループ
鈴木理恵子氏

コアプロダクト開発グループ 鈴木理恵子氏

馮:お二人が作るとしたらどういったmixiページアプリを考えますか?

鈴木:今作られているmixiページアプリはTwitterやYouTubeのデータを取得して配信する,いわゆる情報プッシュ系のものが多くあります。まず,フィードの閲覧性を高めたデザイン,アプリを考えたいですね。

あとは,飲食店向けに簡単におしゃれなお店のメニューページ作れるアプリもいいですね。もちろんAPIでイイネやコメントをつけるようにして,メニューの訴求力を高めます。

田中:mixiアプリがゲームを軸に広がったのに比べて,mixiページアプリはいろいろな考え方で広げられると思います。もちろん,mixiアプリと同じようにゲーム的要素を含めたmixiページアプリが生まれてもおもしろそうです。最近では,ゲーミフィケーションと呼ばれる考え方もありますし,企業のブランディングにゲーム要素を取り込むのは1つの方向になるのではないでしょうか。

一方で,mixiページが難しいのが,いままでのmixi.jpで利用されてきたソーシャルグラフとは異なるつながりがあるという点です。つまり,趣味嗜好が合う外部のユーザのように,自分とはつながっていないが,ページを介してつながるユーザのコミュニケーションをどう捉えるかが重要になるからです。

鈴木:たくさんのユーザに見てもらいたい情報はmixiページヘ,個人的つながりに向けた情報は自身の日記やボイスで,というように切り分けられると思います。

mixiページアプリAPIは,多くの人に伝えたい,見てもらいたい情報を活かすために利用していただきたいAPIですね。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2012

コメント

コメントの記入