インタビュー

新規事業におけるUXデザインの位置付けと価値~HCD-Net認定 人間中心設計専門家インタビュー:NEC熊崎純一さん・NECソリューションイノベータ木下友見さん

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

UXデザインからの国内の課題へのアプローチ

――続いて,木下さん,お仕事についてお伺いできますか。

木下:はい。私は国内での事業を担当しています。

NECは社会課題を積極的に解決していこう,という流れがあるのですけども,その社会課題の1つとして着目しているのが「高齢化」です。

「健康寿命の延伸」とよく言われますけども,高齢者が,元気なときから自分の身体を上手にメンテナンスしながら,最後まで元気に生活を送ることができる状態を維持する,そういったことができるようなソリューションを検討しています。

私がとくに関わっているのが,3Dセンサーを使った新規事業の立ち上げです。人数が少ないチームなので,いろんなことに携わっています。UXデザイン,画面設計やユーザインタビューだけではなく,例えば,販売戦略をどうするかとか,プロモーションをどうするかとか,事業にするための活動にも携わっています。

――それは,どのようなものですか。

木下:3Dセンサーに対して,5~6メートル,まっすぐ歩くことで,その人の歩行姿勢を数値化するというシステムです。機械などを身に付ける必要がないため,測定の負担が少ないというのが大きな特徴です。

歩くときの姿勢は,胸腰部の上下移動が何センチあるとか,足が前にどれくらい角度があって,後ろにはどれくらい蹴り上げる角度があるとか,歩行速度,そのほかにも,腕の振りの角度がどうとか,肩の角度がどっちに何度くらい曲がっているとか,そういったさまざまなデータを,その6メートルを歩く間に測ります。

その数値を,専門家の方,たとえば理学療法士や,接骨院であれば柔道整復師といった,身体の動き,歩きについて知識がある方が解釈して,健康の指導に役立てます。

たとえば,⁠胸腰部の上下移動が少ない,これは膝がうまく使えていないから」という解釈をしたら,⁠もう少し膝を使って歩くようにしましょう」とか,あるいは「歩幅がちょっと狭くなっているので,もう少し延ばすような形で歩きましょう。続けていくことで健康な状態に少しずつ近づけますよ」というような指導です。

――木下さんは,プロジェクトのなかで,どのような役割なのですか。

木下:プロジェクトチームの中では,私はニーズ寄りの部分をメインで担当しています。たとえば,高齢者の方の特徴を理解して,それをふまえて現場観察をする。実際のユーザが誰で,本当の利用状況がどういうものなのかっていうのを,きちんと現場に出て探索する。

主に私がその調査をするのですが,私だけではなくて,技術者や研究者にも参加してもらうようにしています。机上で考えて,技術開発して,製品を出すようなやり方では,売れません。人の役に立つ,売れる技術でないといけない。

そこで,UXデザインのプロセスを適応して,とにかく最初にこちらが思っている,最小限のプロトタイプを作り,ここに当てはまるのではないか,というターゲットに見せて,その状況を観察して,技術開発の方向性を決めていきました。

難しかったのは,紙のプロトタイプでヒアリングできれば,すごく早く進むと思うのですけども,なにぶん3Dセンサーが,使ってみてもらって,初めて「ああ,こんなことができるのね」という実感として持てる,良さがわかってもらえるものだったところです。

なので,機材とシステムを担いで,いろいろなところを回るという方法を採りました。

和気あいあいといろいろとお話を伺えた

和気あいあいといろいろとお話を伺えた

――なるほど。実物がないと,実感が伴わないのですね。それで,プロトタイプの反応はどうだったのですか。

木下:実は,最初は歩行ではなくて,肩の関節可動域などを数値化するものを考えていました。しかし,プロトタイプを作って,理学療法士の先生や,カイロプラクティックの先生に紹介したら,現場ではこちらが想定しているニーズがないことがわかりました。

ふだん,肩の関節可動域を,時間をかけて測定しているわけではないのです。たとえば,リハビリを始めて,そのときは測るけれども,次に測るのは3カ月後や半年後でした。また,測定するときは,分度器のような道具を使って,時間かけずにパッパッパっとやってしまう。施設では,リハビリの時間が決まっているので,その中で,お迎えに行って,施術をして,お送りしてというのを,短時間でやらないといけないからです。

現場に行くことで,肩の関節可動域の測定に時間をかけられない,という現状を聞きまして。リハビリルームも現場観察に行って,状況を見たうえで,そこに何かしらの機械を入れるのは厳しい,という判断をしました。

一方で,現場に行くことで,気づきもありました。

歩行というのは,リハビリの施設を見ていても,必ず訓練が行われています。歩きは人間の基本的な動作なので,変化が見えやすい。ちょっと膝が痛いとか,歩行速度が落ちてきたというところも見つけやすい。歩けなくなった場合に,トイレに行けなくなったり,外出できなくなったり,それがもっとも活力がなくなる。そこは避けたい。何が何でもとにかく,最後まで自力でトイレに行きたい,という話を聞いたりします。

歩行は,かなり重要だというのが,いろんな方の話を聞いていくとわかりました。そこで歩行に着目して,コンセプトの方向転換をしました。

そこから,改めてプロトタイプを作って,実際に使ってもらった状況を観察して,⁠これは市場がありそうだ」ということがわかって,今度は事業化の目処が立ちました。

――なるほど。

木下: また,プロジェクトの中で,ユーザが使うようすを,私だけでなく,みんな技術者も研究者も合わせて,その状況を見に行くようにしました。

現場の空気感や,お客様が発した言葉の温度感。そういったものを感じたほうが実感になります。

現場を見ることで,技術者たちや研究者たちにもよかったことは,たとえば,この測定項目を付け加えるのかとか,これはどういう使い方がいいのかとか,利用シーンを討議していくときに,同じように現場を見てきているので,実利用者をイメージできるようになる。同じ人をイメージして討議ができる。

実利用者を頭の中で思い描きながら,彼らならこの機能はいらないとか,この測定項目はいらないということをみんなで話せるようになります。

新規事業におけるUXデザイナーの役割

――プロトタイプの段階で,プロジェクトメンバーが実利用者に触れることが大切なのですね。

木下:新規事業で,UXデザイナーの役割の1つは,早い段階でプロトタイプを作って,ユーザに見せてみよう,ということを提案して,そういう場を作って,わかったことを技術者と一緒に討議していくことだと思います。

私たちは技術者の集まりなので,どうしても机上だけでいろいろ考えて,製品にするということをしがちなところで,⁠いや,ちょっと待って」と。

まずは今,考えていること,きっとこういう使い方をされるのだろう,というのを,実際のユーザとともに試してみる。現場に出て,実際のユーザはこれだというのを見つけたうえで,共通の人をイメージしながら,話し合いをするように持っていく。

それをアレンジするのも,UXデザイナーの役割だと思っています。

やっぱり,頭の中で考えていると,どうしても矛盾が生じてくるので,それをビジュアライズする手法を持っているのもUXデザイナーでしょうし,それをじっさい見に連れていくというのもUXデザインならではという気がします。

――ありがとうございました。

HCD-Net認定 人間中心設計専門家・スペシャリスト 受験者を募集(申請締切: 12月26日)

現場のエンジニア・デザイナー・ディレクタ-の方,あなたも「人間中心設計専門家」⁠人間中心設計スペシャリスト」として認定を受けませんか?

人間中心設計推進機構(HCD-Net)が実施する「人間中心設計専門家」⁠人間中心設計スペシャリスト」は,日本で唯一の「人間中心設計(HCD)⁠の資格として,注目されています。

資格認定者の多くは,企業・団体において,

  • 人間中心設計
  • UXデザイン
  • ユーザビリティ評価
  • Web制作
  • システム開発
  • ユーザリサーチ
  • テクニカルライティング

などの従事者や研究者として,第一線で活躍しています。

ユーザエクスペリエンス(UX)や人間中心設計にたずさわっている方は,ぜひ受験をご検討してみてはいかがでしょうか。

「人間中心設計専門家」⁠人間中心設計スペシャリスト」の,今回の受験応募は,11月25日(金)に開始します。受験申請の締め切りは12月26日(月)です。

人間中心設計(HCD)専門家・スペシャリスト 資格認定制度
申込受付期間2016年11月25日(金)~2016年12月26日(月)
応募要領http://www.hcdnet.org/certified/

画像

著者プロフィール

羽山祥樹(はやまよしき)

時代の3歩先をねらうWeb屋さん。

1996年からインターネットに触れる。Webデザインのアルバイトでネットショップの立ち上げと運営を経験。就職後、システム営業を経て、現在はIT系商社のWeb戦略に関わる。

大規模Webサイト運営やWebガバナンス、Webサイトガイドライン、Webコンテンツ品質管理・監査を得意とする。UXD(ユーザエクスペリエンスデザイン)やIA(情報アーキテクチャ)、アクセシビリティの分野でも積極的に活動をしている。

個人Webサイト:http://storywriter.jp/

バックナンバー

2016年

  • 新規事業におけるUXデザインの位置付けと価値~HCD-Net認定 人間中心設計専門家インタビュー:NEC熊崎純一さん・NECソリューションイノベータ木下友見さん