インタビュー

続!マスク・ド・アナライズの道場破り!データサイエンティストの風雲児・里 洋平編

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

2020年2月28日に「起業に興味のあるエンジニア/ビジネスマンmeetup #1」が開催されました。書籍『したっぱエンジニア,経営に成功して億万長者になる』の刊行を記念して,著者である里洋平氏(DATUM STUDIO副社長)と,AI業界で活躍するマスク・ド・アナライズ氏を迎えたトークイベントです。お2人のエキサイティングなトークの模様をお届けします。

画像

ホントのところ,本の内容は完全にフィクションではないですよね?

マスクド:マスク・ド・アナライズでございます。⁠自称⁠AIベンチャーをクビになって,今は独立して生計を立てております。今日は来場者のみなさんから仕事をいただけるのを楽しみにしています。

里:DATUM STUDIOの里です。僕自身は元々Webエンジニアでしたが,DeNAやドリコムでのデータサイエンティストを経て,DATUM STUDIOを起ち上げました。今日は起業や経営について,お話できたらと思います。

マスクド:本の内容はITエンジニア 3人が集まって起業するストーリーですが,会社の設立や営業の苦労があり,人を採用して会社を大きくする。そこでマネジメントの苦労や株式上場を目指して,最終的には会社を売却してそれぞれの道を歩みだすというストーリーですね。ところで,かなりノンフィクションな気もしますが,いかがでしょう。

画像

里:本の中で会社設立したのは幼馴染み3人でしたが,実際には僕と同僚の2人で起業していたりと,フィクションも含めまれています。これぐらいで勘弁しておいてください。

マスクド:作中では社員や取引先にまつわるトラブルなどの記載もありますが,これもフィクションですか?

里:もちろんフィクションではありますが,いくつかは事実をベースしたものもあります。それに問題社員がいても,漫画やドラマのように「お前はクビだ!」と簡単には退職させられませんから。

マスクド:WWEのビンス・マクマホン※1ですね。

里:従業員はすごく守られていて,解雇する理由をきちんと示さないといけません。まずは問題のある社員が業務をできるように指導することが必要なんです。

マスクド:これ以外にも,営業を外部に依頼したら逆に保険の営業をさせられたのも事実ですか?

里:これは事実をもとにしていますが,本当にびっくりしました。起業直後は営業を軽視していて,Rコミュニティで繋がりがあるので楽に仕事が取れると思ったら全然ダメでした。そこで営業のプロにまかせようとしたら,保険のパンフレット持ってきて「これをコミュニティに売ってください。売れたら我々も営業します」と言われて驚きました。ビルを出てすぐにパンフレットを捨てたのはよく覚えています。

マスクド:エンジニア出身者が起業すると,営業や経営で苦労しますよね。

里:「良いものを作れば売れる」と考えがちですね。それにエンジニアは周りのエンジニアを過剰に気にして,尊敬されたいと思いがちです。そうやってお客さん(ユーザ)を見ていなかったのは,自分を含めて気付きがありました。お客さんに向き合うようになれば,仕事が取れるようになりますね。

マスクド:やっぱり泥臭い営業は必要ですか?

里:必要ですね,最初の案件獲得までが大変でしたから。全然返信がなくても,会社の問い合わせフォームにひたすらメッセージを送るようなこともしました。上手くいったのはFacebookで会社の代表者に直接連絡をとる方法ですね。直接会えばいろいろ良くしてくれますし,今でも当時連絡した人と仲が良いですよ。

※1)
アメリカのプロレス団体WWEの社長。自分に従わないレスラーは「You're Fired!(貴様はクビだ!⁠⁠ 」の決め台詞で追放する。

著者プロフィール

里洋平(さとようへい)

ヤフー株式会社で,推薦ロジックや株価の予測モデル構築など分析業務を経て,株式会社ディー・エヌ・エーで大規模データマイニングやマーケティング分析業務に従事。2010年にはR言語の東京コミュニティ「Tokyo.R」を主催。その後,株式会社ドリコムにて,データ分析環境の構築やソーシャルゲーム,メディア,広告のデータ分析業務を経て,DATUM STUDIO株式会社を設立。同社取締役副社長。著書に『データサイエンティスト養成読本』(技術評論社),『ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門』(ソフトバンククリエイティブ),『Rではじめるビジネス統計分析』(翔泳社),『戦略的データマイニング〜UsefulR』(共立出版),『Rパッケージガイドブック』(東京図書)などがある。


マスク・ド・アナライズ

空前のAIブームに熱狂するIT業界に,突如現れた謎のマスクマン。現場目線による辛辣かつ鋭い語り口は「イキリデータサイエンティスト」と呼ばれ,独自の地位を確立する。ネットとリアルにおいてAI・データサイエンスの啓蒙活動の一環として,書籍『これからのデータサイエンスビジネス』を出版した。

"自称"AIベンチャーに勤務していたが,クビをきっかけに現在は独立。

将来の目標は「データサイエンス界の東京スポーツ」。

東京都メキシコ区在住。


高屋卓也(たかやたくや)

書籍編集者。2002年株式会社技術評論社に入社。営業職を経て現職。入門書から専門書まで幅広く担当。 データサイエンス系の専門書を多く手がけ,主な担当作に「データサイエンティスト養成読本」シリーズなど。

バックナンバー

2020

  • 続!マスク・ド・アナライズの道場破り!データサイエンティストの風雲児・里 洋平編