ニュースリリース

ものづくり技術者育成を目指す資格認定・検定試験会社「ロボテスト」をZMP,FRI,パソナテックが3社共同で設立

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ロボット専業メーカの(株)ゼットエムピーと富士重工OBによる技術者育成を事業目的とする(株)FRI,総合人材サービスの(株)パソナテックは,2008年11月27日,3社共同で技術者育成を目的とした資格認定・検定試験会社「(株)ロボテスト」を設立した。

(左から)竹中恭二氏,谷口恒氏,森本宏一氏

(左から)FRI代表取締役の竹中恭二氏(ロボットビジネス推進協議会 会長),ZMP代表取締役社長の谷口恒氏,パソナテック代表取締役社長の森本宏一氏

現在,ロボット産業は産業用ロボットが中心だが,今後は業務用や家庭用サービスロボットに広がりを見せ,日本の基幹産業となるべく期待されている。ただし,ロボット工学は技術領域を幅広く網羅する分野である。これに対して,今回設立された(株)ロボテストでは,各種教育プログラムの提供や認定資格の発行,検定試験の実施を通じて技術者育成に取り組んでいくという。検定試験と認定資格は,来年中にβ版を実施し,2009年から正式に始める。

検定試験と認定資格は「RT BASIC Program」「RT SPECIAL Program」が用意され,次の表に挙げた7つに体系化されたカテゴリのスコアによって評価される。またそれぞれ評議委員会も設置される。

認定資格のサービスコンテンツ

カテゴリ内容
機械設計
  • 機構設計
  • 製図
  • モジュール設計
  • 材料力学
アクチュエータ
  • サーボモータ
  • 油圧モータ
組み込みシステム
  • 実機組み込みシステム
  • 実装技術
  • 自動コード生成
電子回路
  • 電子回路
  • センサ
  • 計測
  • 信号処理
  • 通信
ソフトウェア
  • 各種言語
  • アセンブラ
  • OS
  • ミドルウェア
認識
  • 画像認識
  • 音声信号処理
制御システム
  • モデリング
  • 同定
  • 制御器設計
  • シミュレーション

ロボット産業にとどまらず産業界で活躍できるものづくり技術者の育成にを支援する同社の資格認定/検定試験と,IPA/SECが策定した「ETSS(組込みスキル標準)」との関係について「参考にさせてもらっているところもある(谷口社長)」という。さらに同社は検定試験以外に,講習会や一社研修,教材の販売も行う予定。

技術の細分化に伴って特定領域の専門が増え,全体を把握できる技術者の育成が叫ばれている中,同社の今後の展開に注目したい。

販売される教材(「駆動モータおよび車輪」(左上)「二足歩行ロボット」(右上))

販売される教材

コメント

コメントの記入