ニュースリリース

京セラコミュニケーションシステム,Tripwire Enterprise 7販売開始記念特別パッケージを提供

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

京セラコミュニケーションシステム(株)は1月23日,変更コントロールソリューション「Tripwire Enterprise 7」の販売開始にあたり,Tripwire Enterprise 7」ライセンスと「導入支援サービス」をセットにした特別パッケージを先着30社限定の特別価格で提供することを発表した。

Tripwire Enterpriseは企業内インフラ全体に配置されたサーバ(エージェント型),ネットワーク機器(エージェントレス型)の変更検知を行うソフトウェア。同製品を導入することにより,実際にシステムに加えられたすべての変更を検知し,正当性の評価,履歴管理,レポート出力が可能となる。また,20種類以上のレポートテンプレートを用いることで,日本版SOX法のIT全般統制の運用で課題となっている,「未承認の変更が行われていない」「不正な改ざんがなされていない」といったITシステムにおける内部統制の有効性の証憑を効果的に作成できる。

今回バージョンアップした「Tripwire Enterprise 7」では,従来のサーバ,ネットワーク機器の変更検知に加えて,新たにディレクトリサービス,データベースの変更検知も可能となった。また,変更履歴のトラッキングや傾向分析などのレポーティング機能が強化されている。

「Tripwire Enterprise 7」特別パッケージの概要は以下のとおり。

【期間】2008年1月23日~2008年3月31日

【対象】期間中に申し込み先着30社限定

【提供価格】1,736,000円(税抜)※代理店は別途問い合わせ

【パッケージ内容】

◆Tripwire Enterprise 7 バンドル5 日本語版
(通常価格:税抜198万円)

※Tripwire Enterprise /Server×1,/FS×5,/ND×2のライセンス含む

◆導入支援サービス(最大2.5日)
(通常価格:税抜50万円)

※ユーザ環境のヒアリング,設定作業,操作トレーニングを実施

Tripwere Enterprise 日本語版
URLhttp://www.kccs.co.jp/products/tripwire/enterprise/index.html

コメント

コメントの記入