ニュースリリース

日本ストラタステクノロジー,VMware VI3サポートの仮想化対応無停止型サーバ出荷開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

日本ストラタステクノロジー(株)は1月24日,仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」(以下VI3)をサポートした第4世代無停止型サーバのハイエンドモデル,およびミッドレンジモデルの出荷を本年2月中に開始することを発表した。

VI3サポート対応版無停止型サーバのハイエンドモデル「ftServer 6200システム」は,IntelクアッドコアXeonプロセッサを搭載し,高い処理能力を発揮。ミッションクリティカルな基幹系業務,障害発生による影響の大きいデータセンターのプラットフォーム,高性能データベースサーバなどの用途向け。

ミッドレンジモデル「ftServer 4400システム」は,デュアルコアXeonプロセッサを採用し,「ftServer 6200」に次ぐ高い性能を持ちながらも,コストパフォーマンスに優れ,幅広い用途への対応が可能。支店サーバの集約やアプリケーションサーバなどの用途向け。

販売価格は以下の通り(本体パッケージのみ,税抜き)。

ftServer 6200システム
VMware VI3 Standard Edition: 6,892,000円~
VMware VI3 Enterprise Edition: 7,182,000円~
ftServer 4400システム
VMware VI3 Standard Edition: 4,102,000円~
VMware VI3 Enterprise Edition:4,392,000円~

ftServer 6200,4400(ラックマウント型)

ftServer 6200,4400(ラックマウント型)

日本ストラタステクノロジー(株)
URLhttp://www.stratus.co.jp/

コメント

コメントの記入