ニュースリリース

アドテックシステムサイエンス,PCカード開発支援ツールなど2製品を発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

(株)アドテックシステムサイエンスは2月8日,Windows Vista上でPCカードメモリデバイスを参照/編集するためのPCカード開発支援ツールCardUT-V と,PCカードメモリデバイス用のアプリケーションを開発するためのドライバキットCardUTPRO-Vを発売した。

Windows Vistaは標準ではPCカードメモリデバイスがサポートされていないため,SRAMカードやフラッシュメモリカードのデータを直接参照・編集する場合,まずPCカードのドライバを用意しなければならず,そのためにはドライバ開発のノウハウはもちろん,PCカード規格についての高度に専門的な知識が必要だった。

CardUTPROを使用することにより,同製品のオリジナルドライバが提供するアクセス容易なAPIによって,独自フォーマットカードのリード/ライト機能をアプリケーションに組み込むことが可能。

また,Windows 95/98/2000/XP向けの同種のツールCardUT97/CardUT-XP/CardUT97PRO/CardUTPRO-XPをすでに購入しているユーザ向けに,CardUT-V/CardUTPRO-V へのアップグレード版(有償)も用意されている。

価格はCardUT-Vが92,400円,CardUTPRO-Vが207,900円(いずれも税込み)。

なお,発売記念キャンペーンとして,2008年2月12日から3月31日の受注分まで,通常価格から30%OFFの特別価格にて提供される。

(株)アドテックシステムサイエンス
URLhttp://www.adtek.co.jp/index.html

コメント

コメントの記入