ニュースリリース

マイスペース,OpenSocialに対応した開発者向けプラットフォーム「MySpace Developer Platform」の日本展開を開始

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

マイスペース株式会社は3月27日,同社のSNS「MySpace」において国内の開発者向けプラットフォーム「MySpace Developer Platform」(MDP)の展開を開始した。同プラットフォームは,3月5日,先に米国で発表されたものの日本対応版の位置付けとなる。

各種APIを公開

MDPは,MySpaceのAPIを,外部開発者向けに公開することで,開発者自身が利用できる開発プラットフォームとなっている。これにより,MySpace上で稼働する新規のWebアプリケーションが開発できるようになり,ビジュアルデザインやインターフェースではなく,機能レベルでのカスタマイズが可能となる。

公開されるAPIセットは,

  • OpenSocial API(MySpace拡張機能を含む)
  • REST API(外部アクセス用)
  • ActionScript API

の3種類。

開発したアプリケーションは,

  • アプリケーションプロフィール
  • プロフィールページ
  • ユーザホームページ
  • アプリケーションギャラリー
  • キャンバスページ

の5ヵ所への表示が可能となっている。

OpenSocialに準拠

MDPの大きな特徴の1つに,OpenSocialへの準拠が挙げられる。これにより,他のSNSやWebサービスとの連携が取りやすくなり,開発者の負担を軽減できる。また,標準に準拠することで品質向上が期待できる。

開発されたアプリケーションは,国内向けConsumer Application Galleryにて公開されている。

マイスペース株式会社代表取締役 大蘿淳司氏(右)MySpace, Inc.最高技術責任者 Aber Whitcomb氏。

マイスペース株式会社代表取締役 大蘿淳司氏(右)MySpace, Inc.最高技術責任者 Aber Whitcomb氏。

マイスペース株式会社
URL:http://jp.myspace.com/

コメント

コメントの記入